【ラジオ】 #121 谷山浩子のオールナイトニッポン 1986/3/20

今日の音源は、第205回、1986年(昭和61年)3月20日の放送分です。

とうとうこの日が来てしまいました。放送終了の告知があった回になります。

・・・・なのに、新コーナー:「青春の光と影」が始まります。
コーナーテーマとして「青春の光と影」が流れた瞬間に
『懐かしいっ! 私、この曲、大好きだったの!!』
という浩子さん。最近のコンサートでも10代の好きな曲ベスト3の1つとして挙げていましたね。

今週は「真夜中のお客様」のコーナーは 新井正人さん でした。
前々回の森口博子さんに続き、ガンダム繋がり。ちょうどこの3月から放映が始まった「機動戦士ガンダムZZ」の主題歌:「アニメじゃない」を唄っている新井さんですが、実は浩子さんとは昔なじみ。高校時代からの友達だそうです。当時はアマチュアでフォークソングをグループで唄っていた新井さんですが、浩子さんとしては「消息不明になった友達」だそうで、実に10年ぶりの再会です。新井さんが現在も歌手を続けていたことを知らなかった浩子さんが、スタジオに入ってきた彼を見た時の取り乱しっぷりは必聴です! 新井さんも高校時代から借りていたレコード(六文銭の1stアルバム:「キングサーモンのいる島」)をここで返すという大らかさ。とてもライブ感のある放送になっています。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
今回の音源は比較的良いです。
以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1986年3月20日

次週のハガキの宛先は、「春だ、浩子だ、花盛り」 でした。



スポンサーサイト
Date: 2017.09.21 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #120 谷山浩子のオールナイトニッポン 1986/3/13

今日の音源は、第204回、1986年(昭和61年)3月13日の放送分です。

3月になって花粉症が始まったという浩子さんです。

この前週に引続き、卒業シーズンなので、卒業の想い出を語っています。
中学1年生の時に、3年生でホントに一回も話をしたことのない人が卒業しちゃうので、私の友達がその人の男友達と親しかったので、紹介してもらって。その友達の所に何かとみんなで遊びに行ったりして情報を仕入れたりしていました。」
・・・・これは、その四半世紀のちに旦那様になるN氏のことですよね。

今週は「真夜中のお客様」のコーナーは なし でした。

尚、放送終了の方針が固まったようで、この週から浩子さんの口から 『この期に及んで・・・・』 という言葉で匂わせ始めます。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
今回の音源は比較的良いです。
以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1986年3月13日

次週のハガキの宛先は、「好きだから好き」 でした。



Date: 2017.09.14 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #119 谷山浩子のオールナイトニッポン 1986/3/6

今日の音源は、第203回、1986年(昭和61年)3月6日の放送分です。

「先週のジンマシンは薬の副作用だった」という報告をして、今回は元気になった身体での放送です。

冒頭のハガキのコーナーで話題になった「水戸黄門」のテーマ曲(ああ人生に涙あり)を評して、『あの歌、ホントにシビアだもんね。』という浩子さん。さすがに歌詞が気になるようで、浩子さん的には“励ましソング”の域を超えていると感じているのかもしれませんね。

今回は「真夜中のお客様」がありました。「森口博子さん」がゲストです。
この時はまだ17才、高校2年生。
前年8月に「機動戦士Zガンダム」の主題歌(水の星に愛をこめて)でデビューして、2枚目のシングル発売のキャンペーンでの出演です。
この時はアイドルとしての出演でしたが、デビュー半年の女性アイドルとしてはトークも抜群に面白いです。後に“バラエティー・アイドル”、いわゆるバラドルになっていくのは必然だったのかもしれないと思うほど、玄人はだしのモノマネをしたり、トークも冴えています。それでいて、本業である歌手としては大変うまい。バラエティーでおなじみになった後にヒット曲にも恵まれましたが、歌に確かな「芸」を感じる能力の高さを垣間見せてくれています。次のコーナーまで延長で出てしまうほどの盛り上がりを見せてくれていますので、ここは聴きどころですよ。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
今回の音源は比較的良いです。
以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1986年3月6日

次週のハガキの宛先は、「浩子、春になっちゃった」 でした。



Date: 2017.09.07 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #118 谷山浩子のオールナイトニッポン 1986/2/27

今日の音源は、第202回、1986年(昭和61年)2月27日の放送分です。

冒頭の近況報告で「今週は蕁麻疹になった。」という浩子さん。
全身に出来ているようで「痒くてよく眠れない」と話しています。この週は痒さで放送中もポリポリと掻いてしまって肌を赤くしてしまいます。

寄せられたハガキで興味深かったのは、以前パーソナリティーを担当していたラジオ関西:「ギャルギャルコーベ」で、浩子さんが詞に曲を付けて歌にするコーナーで選ばれた「ここは春の国」の作詞者にまつわるものでした。


ちなみに、今週も「真夜中のお客様」のコーナーは なし でした。

放送の最後のひとり語りのコーナーは「粉雪」について語っています。
浩子さんなりの考察ですが、ファンタジーにあふれる人らしい観察眼を感じることが出来ます。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
今回の音源は比較的良いです。
以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1986年2月27日

次週のハガキの宛先は、「浩子ってとってもデリケートなの」 でした。



Date: 2017.08.31 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #117 谷山浩子のオールナイトニッポン 1986/2/20

今日の音源は、第201回、1986年(昭和61年)2月20日の放送分です。

冒頭の近況報告で「歯を抜いた」という浩子さん。
この週は病気のスタッフばかりの「病人の巣」というスタジオからの放送になっています。

この放送の中で、ファンクラブイベントの「ねこ森集会」の開催の告知をしています。
後にコンサートの「猫森集会」が出来た為に現在は「ねこ森集会リミテッド」と呼ばれているファンクラブイベントです。この年、1986年は4月7日に行なうそうで、YAMAHAが当時渋谷に持っていた「エピキュラス」での開催です。この年のお題は『ビデオ募集』です。

ちなみに、今年の「ねこ森集会リミテッド」は今週末:8/26・27の2日間での開催です。場所は現在のYAMAHAの社屋のある目黒です。今年のお題は『合唱』。「月と恋人」のコーラスパートの練習をヴォーカル用の楽譜を見ながら練習をしています。


今週の「真夜中のお客様」のコーナーは なし でした。

放送の最後のひとり語りのコーナーでは「パソコン通信」の話をしています。
今では信じられないですが、「通信」とは言ってもまだ大変遅い送信速度でしたが、浩子さんのアンテナには強く反応したようですね。「パソコンを持っていなくてもパソコン通信が出来るところが渋谷にある」ということで、公園通りにあった『シティロード』という喫茶店への行き方の紹介までしています。この「シティロード」は、70年代からその時々の流行を取り込んで注目された喫茶店ですね。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
今回の音源は比較的良いです。
以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1986年2月20日

次週のハガキの宛先は、「お姉さんが慰めてあげる」 でした。



Date: 2017.08.24 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #116 谷山浩子のオールナイトニッポン 1986/1/16

今日の音源は、第196回、1986年(昭和61年)1月16日の放送分です。

冒頭の近況報告で、河口湖スタジオで斉藤由貴ちゃんのレコーディングに参加していて、朝から晩まで一緒にいた1週間だったという浩子さんです。

この週でホノボノさせてくれるコーナーは、「真夜中の男女交際」のコーナーでした。
今では考えられないほどアナログなコミュニケーションで、とても純な感じのするかわいらしい様子が広がります。いまのような“出会い系”などとは全く違うピュアな感じが大変良いです。

ちなみに、今週の「真夜中のお客様」のコーナーは 無し でした。

放送の最後のひとり語りのコーナーは 『Wizardry』 という懐かしいRPGのお話です。
浩子さんはキャラクターを育てながら1ヶ月くらいやっていたのに地下4階で突然全滅してしまった、というショッキングな出来事に打ちのめされたらしいです。

では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
今回の音源は音源は比較的良いです。
以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1986年1月16日

次週のハガキの宛先は、「心のホカロン」 でした。

尚、残念ながら、この後の4回分の音源が確認できません。次のは第201回:1986年2月20日の放送回になります。


Date: 2017.08.17 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #115 谷山浩子のオールナイトニッポン 1986/1/9

今日の音源は、第195回、1986年(昭和61年)1月9日の放送分です。

平常運転に戻った放送です。
お正月休みにはいくつかの温泉を周ったという浩子さん。
朝5時に起きて夜8時半には寝るという朝型生活になってしまったと話しています。

「真夜中のお客様」のコーナーは、「The ALPHA」でした。
小森田実 and ALPHAとして1983年第25回のポプコンでグランプリを取った(♪フォリナー♪)ロックバンドで、以前にも谷山浩子のオールナイトニッポンで行なったオールナイトライブにも出演したことがありました。その後にグループ別れして、ALPHAはチャゲ&飛鳥のバックバンドをやっていた頃になりますね。この1年後にはサポートも止めて、1989年にはバンド活動も終わります。

今週からの新コーナー(?)として「文学への誘い(いざない)」が始まります。
・・・・と言っても、「マンガ予告編」ではマンガを読んでいましたが、それを文学作品に変えたというコーナーです。初回の問題は、聴けばすぐわかるような作品を扱ったようで、川端康成の「伊豆の踊子」ですね。

放送の最後の挨拶で
『今年は続けられるところまで続けようと思いますので、よかったら聴いてくださいね。』
と意味深な発言をしていますね。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
今回の音源は荒れ気味です。冒頭からしばらくの間と後半で若干聴きにくいところがありますが、十分に楽しめると思います。
以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1986年1月9日

次週のハガキの宛先は、「今年は谷山浩子の年だ」 でした。


Date: 2017.08.10 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #114 谷山浩子のオールナイトニッポン 1986/1/2

今日の音源は、第194回、1986年(昭和61年)1月2日の放送分です。

お正月三が日も放送ということで、冬のコンサートとして行なった前年12月23日に東京:新宿厚生年金会館大ホールで行なったコンサートの模様をダイジェストで放送にしています。
この頃のコンサートはメンバーも多く、バンド形式でやっているコンサートなので、今の雰囲気ともまた違います。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いですが、テープの編集で実際の3分の1くらいしかありません。でも、コンサートの雰囲気は十分に伝わってくるので楽しめると思います。
以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1986年1月2日

次週のハガキの宛先は、コンサートの録音放送だったので、ありませんでした。


Date: 2017.08.03 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #113 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/12/26

今日の音源は、第193回、1985年(昭和60年)12月26日の放送分です。

この年最後の放送ということで、前年と同じく、忘年会をそのまま放送にしています。
とにかくドンチャン騒ぎで、放送になっているのやら?!
この放送を最後まで聴くのは、結構な“試練”かもしれませんよ!


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年12月26日

次週のハガキの宛先は、そんなドンチャン騒ぎの忘年会なので、ありませんでした。


Date: 2017.07.27 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #112 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/12/19

今日の音源は、第192回、1985年(昭和60年)12月19日の放送分です。

前回ご紹介した回から4ヶ月も飛んでいます。
10月から鳥谷ディレクターも交代して、3代目のディレクターとして通称「梅さん」こと、秋山たかゆきさんになっています。

新しいコーナーも始まっていますが、この時代らしいのが 「真夜中の男女交際」 ですね。
「文通希望」というのがアナログ感たっぷりです。
文通を希望する人が自己紹介のテープを発表し、翌週にその人と文通したい人を決めて写真を送る、というものです。電子媒体で簡単に繋がってしまう時代には考えられませんが、この時間の流れ方も“スピード感”も懐かしいですね。

「真夜中のお客様」のコーナーは、歌手の「富沢聖子さん」でした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年12月19日

次週のハガキの宛先は、 「行ってみたかったな、武道館。」 でした。


Date: 2017.07.20 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #111 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/8/15

今日の音源は、第174回、1985年(昭和60年)8月15日の放送分です。

前回ご紹介した回から4回分飛んで、8月15日の放送回になります。
お盆休み中の放送なので 『夏休みスペシャル:谷山浩子ベスト20』 という企画です。
弾き語りをしながら番組を進めていくというスタイルで、もちろん『録音』です。前週から案内していた企画なので偶然ではないのですが、この直前の8/11にJALのジャンボ機が墜落する大事故があって世間が騒然としていた時期なので、録音だからこそ変に気を使っているところがありません。

夏休みスペシャルらしく、乱入者も!
5位までの紹介が終わり、「マンガ予告編」を始めようとしたところで、『寿司屋で~す!』と言いながら中島みゆきさんとポチが入ってきます。ひとしきり寿司ネタ談義をしてみゆきさんは帰っていきます。肝心な「マンガ予告編」は、「土佐の一本釣り」を描いている漫画家の「青柳裕介」さんへ電話するのですが、この録音ファイルでは残念ながらカットされています。
ここからは鳥谷Dに代わりポチが進行に入ったことで番組のテンポもよくなって、電話も使いながらの楽しい放送になっていきます。

この放送での弾き語りで興味深いのは、ピアノのメロディーも今の「弾き語りコンサート」で弾くものとは全然違うところ。時代時代で変化してきているのがよくわかります。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
尚、この回はこれまでご紹介してきたウP主さんとは異なる方の音源なので、CMをカットした“短めサイズ”になっています。では、以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年8月15日

次週のハガキの宛先は、アルバムタイトルをもじって 「寝苦しい夜のために」 でした。


実はここから4週・・・・4か月分の放送の音源が確認出来ていません。この間には2代目ディレクターの鳥谷さんもわずか半年の9/末で番組を離れるという出来事もありました。
この真夏の放送の次にご紹介する回は、既に冬になった12/19放送分になります。



Date: 2017.07.13 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #110 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/7/11

今日の音源は、第169回、1985年(昭和60年)7月11日の放送分です。

これが『伝説的な』放送回になります。
この週は生放送で、しかも第1部のたけしさんの番組からの流れか、高田文夫さんがキューを振って始まっています。

そして、開始後8分頃・・・・
なぜかガラスの向こう(調整室)には『人がたくさんいる』という不自然な状況に浩子さんも気づきつつスタートしようとすると、扉が開く音と、「失礼しま~す。」との声が聞こえて、ぞろぞろ入ってくる音が。
次の瞬間、 『きゃぁ~~~っ!』
浩子さんはその後笑っちゃってるし、アシスタントのまどかさんは泣いています。
その後・・・・
これが「たけし軍団すっぽんぽん乱入事件」です。

乱入して1ダースの“ナマモノ”を見せつけた瞬間から、その衝撃の大きさゆえ、番組の流れがすっかりおかしくなっていきます。何をしてもHな方向にみんな向かってしまうという“大人の浩子さん”が顔を覗かせた後、『今日は菊池桃子になったつもりでお送りします。』と“ぶりっ子浩子”に変えて進めていきます。

「東京だよ、おっ母さん」のコーナーで放送作家のポチ(寺崎要氏)から電話が入ります。
六本木のピアノバーから電話してきたのですが、「先週の放送が録音だった」とバラした後、時代を感じさせる話をしています。
「三浦和義に会った。」 「久米宏がテレビ朝日でニュース番組を始める。」・・・そうです。この時はまだ「ニュースステーション」も始まっていなかったんですね。

「真夜中のお客様」のコーナーは、なしです。

「マンガ予告編」では、漫画家の「吉田聡」さんへ電話していますが、電話が外されているという思いもよらぬ事態に。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年7月11日

次週のハガキの宛先は、 「ビルマの谷山」 でした。


尚、ここから4週分の音源が確認出来ていません。
この次の放送は8/15放送分になります。



Date: 2017.07.06 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #109 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/7/4

今日の音源は、第168回、1985年(昭和60年)7月4日の放送分です。

次のオリジナルアルバムに向けた準備で夜更かし、寝不足ぎみの浩子さんです。
・・・・と言っても『7時間しか寝てない』ってレベルなんですけど。。。
冒頭から『14曲入りのアルバムを作る』と言っていますが、これがそのまま実現していきますね。この年の10月に「空飛ぶ日曜日」として発売されることになります。

「真夜中のお客様」のコーナーは、もはや常連、4回目の 「富田靖子さん」 です。
出演の回を増すほどにしよくしゃべるようになってきた冨田靖子さんですが、この時はまだ高校2年生ですね。いかにも高校生らしい生活感のあるお話をしています。

「マンガ予告編」では、漫画家の「楠桂」さんへ電話しています。
この前に対談をして会ったとのことですが、この3年後、1988年に彼女の作品のイメージアルバム(楠劇場)を作るまでのご縁になっていくんですね。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年7月4日

次週のハガキの宛先は、 「浩子に願いを」 でした。


Date: 2017.06.29 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #108 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/6/27

今日の音源は、第167回、1985年(昭和60年)6月27日の放送分です。

ヨーロッパ旅行後のドタバタを超えて、今週から平常営業に戻った番組です。

「マンガ予告編」では漫画家の「麻原(まはら)いつみ」さんへ電話しています。
この方がオールナイトニッポンの第1回のゲストだったんですね。現在はペンネームを変えられて「荻丸雅子さん」で創作活動を続けられています。少女マンガの漫画家さんっぽいお名前から随分硬い感じのものにされたんですね。
電話ゲストがあったからか、「真夜中のお客様」のコーナーは 「なし」 でした。


「がんばれ!大洋ホエールズ」のコーナーでは、阪神が好調なことに触れています。
浩子さんも 『阪神ファンってさ、ほんとに優勝できるかもしれないと思ってるみたいね。阪神がこのままつづくわけないじゃないの!夏までよ!夏まで。』 『今の家ですので、十分に楽しんで頂いて、プロ野球の醍醐味を味わっておいてくださいね!』 とノタマッテいます。
・・・・皆さんもご存知ですね。この年のタイガースはバース・掛布・岡田の活躍で、1964年以来21年ぶり7度目のリーグ優勝、そして球団史上初の日本一を達成したシーズンでした。

最後のトークでは、『寝る時に自分が全然違うところにいることを想像しながら眠るって人いませんか?』というところからお話が膨らんでいきます。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年6月27日

次週のハガキの宛先は、 「かわいい浩子には旅をさせましょう」 でした。


Date: 2017.06.22 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #107 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/6/20

今日の音源は、第166回、1985年(昭和60年)6月20日の放送分です。

ヨーロッパから帰国した浩子さん。3週間ぶりの番組です。(1週分は録音)
久しぶりのせいでテンションがおかしくて調子が掴めないと言いながらの放送です。
冒頭はなぜか、ガラスの向こうの調整卓に高田文夫さんが座っていて、浩子さんもコミュニケーションしています。

この週のトピックは、漫画家の竹宮惠子さんへインタビューしていることですね。
あまりメディアへの出演の機会が多くない漫画家さんという印象が強くて、いろいろと語ってくれる竹宮さんは新鮮です。線の細いキャラの画が印象的な竹宮さんの作品ですが、浩子さんのインタビューで違う側面も聴くことが出来ます。

「真夜中のお客様」のコーナーは、漫画家の 「のざき ふみこさん」 でした。

最後のトークのコーナーで、この欧州旅行を振り返って、『スウェーデンのストックホルムが良かった。また行ってみたいと思う』と話しています。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年6月20日

次週のハガキの宛先は、 「わたしを憶えていますか」 でした。


Date: 2017.06.15 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #106 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/6/6

今日の音源は、第165回、1985年(昭和60年)6月6日の放送分です。

浩子さんがヨーロッパへお出掛けということで、この日は録音。
録音になってしまうという環境を利用して、「突然の電話大会」を放送作家のポチがぶち上げます。何も知らないリスナーに突然電話して、その驚く様子を見ようという企画です。平日の夜の時間帯で電話をしているせいで、本人は勉強中で家族が電話に出るケースが多く、浩子さんの電話の掛け方も大変丁寧です。

さて、今回のヨーロッパ旅行は、ロンドン/フィンランド/スウェーデン/デンマークを周るそうです。この時代にフィンランドへ行こうとはなかなか思わなかったと思いますが、この経験が後のアルバム:「フィンランドはどこですか?」(2007年)にも繋がっていくのでしょうか。。。。

「真夜中のお客様」のコーナーは 「野咲たみこさん」 ・・・そうです。たみちゃんです。
当時18才。この放送前日の6月5日にレコードデビューしたところです。
デビュー曲は「うさぎ」。
このオールナイトニッポンでの「たんぽぽかおる」さんのエピソードを元に出来た作品です。

ゲストトークの冒頭で、この日の服装の話をしています。
髪には白いリボン、ピンク/白のチェックのシャツ、ピンクの靴下に白い靴。
あの頃のたみちゃんの雰囲気がよく出ている唄う映像がありましたので、ご参考。



80年代アイドルは歌の上手・下手がハッキリ分かれますが、たみちゃんは上手ですね。
(ちなみに、同じ年にデビューしたアイドルで、歌が上手いと思ったのは森口博子さんです。)

この日はもう1人のゲストが来ています。
たみちゃんと同じ日、前日の6月5日に発売になった弾き語りアルバム:「眠れない夜のために」の宣伝も兼ねて、キャニオンレコードのディレクターの長岡さんを迎えています。オールナイターズライブにも参加している元甲斐バンドの長岡さんです。
ここから弾き語りで番組の最後まで進んでいきます。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年6月6日

ヨーロッパ渡航で次週も録音放送になる為、次週のハガキの宛先は なし でした。


Date: 2017.06.08 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #105 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/5/30

今日の音源は、第164回、1985年(昭和60年)5月30日の放送分です。

この日は録音だったみたいですね。
この番組が終わったら、2週間のヨーロッパ旅行に出掛けると言っています。
しかも、この回は前半途中から構成作家のポチ(寺崎要氏)がやってきます。スタジオに入ってくる「ガチャ」という扉の音も入っていますが、入ってくるなり
 ポチ: 「録音だったのを知らなかったもので・・・・」
 浩子さん: 『だから、そういうことを・・・・いま何時だと思っているんですか。』
 ポチ: 「8時(20時)ですよね。」
・・・・こんな感じに、ポチが入ったことで浩子さんとのトークでグッと面白くなります。

この回から新コーナー: 「うさぎのOL日記」 が始まります。
そして、今週の「真夜中のお客様」はなしでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年5月30日

次週のハガキの宛先は 「浩子、行ってきます。」 でした。


Date: 2017.06.01 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #104 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/5/23

今日の音源は、第163回、1985年(昭和60年)5月23日の放送分です。
5回分の音源が確認できないので、約1ヶ月半の時間が経過しています。
その間に、鳥谷ディレクターの“森谷”化が着実に進んでいるようです。(笑)

冒頭の「にゃんにゃん伝言板」では、豪快に読み間違えて、番組早々からやり直し!
「毎朝ベランダでなく名も知らぬ野島さん」・・・・見事な間違えっぷりです。是非聴いてみてくださいね。

マンガ予告編では、「ネコじゃないモン!」が終わってヒマしている(?)漫画家の、あの「矢野健太郎」さんへ電話してインタビューしていますね。やはり週刊誌で連載を持った漫画家はそれなりの印税生活は謳歌できるようですよ。
また、プロ野球シーズンが始まっていたので、あの「がんばれ!大洋ホエールズ」のコーナーが再開しています。

音源がない間に、“たみちゃん”こと野咲たみこさんが唄う「うさぎ」が発表されました。
この年の1月~2月にかけてオールナイトニッポンに寄せられた「たんぽぽかおるちゃん」のハガキがキッカケで浩子さんが作り上げたアイドルソングです。 浩子さんも後にカバーしますが、この野咲たみこさんVer.とは一部の歌詞が異なります。アイドルソングらしいアレンジにもなっていますよ。

「スター誕生」のコーナーでは、すっかり「ジャドーズ」が半レギュラーみたいな感じに。相変わらず騒々しいです。
ちなみに、今週の「真夜中のお客様」はなしでした。

おしまいのトークのコーナーをしようとしたら、なんと元ディレクターの森谷さんが乱入。
酔っぱらった状態で会社に戻ってきた(遊びに来た?)らしく、調整卓で浩子さんの曲のイントロばかり何度も流して暴走しています。(笑)


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年5月23日

次週のハガキの宛先は 「うちの浩子にかぎって」 でした。


Date: 2017.05.25 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #103 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/4/11

今日の音源は、第157回、1985年(昭和60年)4月11日の放送分です。

今週から普通に「にゃんにゃん伝言板」からスタート。
ディレクターが森谷さんから鳥谷さんに替わったことで、時間を守ろうとする進行になっているマジメな放送回です。年下好きの浩子さん、若い鳥谷さんになったことで浩子さんの声が前週の森谷さんの時よりかわいくなっている気がします。(笑)

1曲目はシングル:「ブルーブルーブルー」 (TOM★CATみたいなバージョン)です。

この週は松田聖子さんが結婚を発表したタイミング。(神田正輝さんとの時です。)
2ヶ月半前に郷ひろみさんとの破局会見があったばかりで、皆さんが驚いたあの頃です。

冒頭のハガキのコーナーで興味深いハガキが読まれます。
『ジャンケンの勝つ確率を上げる方法』についてです。
「連続で何回か行なう場合」という前提条件が付くのですが、そのポイントは 『汝、敵の鏡になるべし。』 つまりは『相手が前回に出した手を、自分が次に出す』 というもの。
・・・・本当にどうなのかはわかりませんが、確率は確実に上がるのだとか。浩子さんのコンサートのリクエストコーナーでよくジャンケンがあるので、検証してみては如何でしょうか。。。 (「私、ジャンケン強いんですよ。“領収書”の・・・・」というくだりはご愛嬌!)

鳥谷D体制になって、新コーナー:「スター誕生」が突如はじまりました。初回のお客様は「ジャドーズ」です。似てないモノマネをいろいろやっていて、少し困り気味の浩子さんです。今までやっていたゲストコーナー:「真夜中のお客様」とは別で、このコーナーはまだ売れていない新人を取り上げているようです。 (ちなみに、今週の「真夜中のお客様」はなしでした。)


この頃から放送の中で「時間調整」という局面が出てきます。「放送期間の後半は録音になった」という後日談があるので、編集上の都合で出てきたものですね。

おしまいのトークのコーナーでは、「トイレ」のお話をしています。
田舎に行くとあった汲み取り式(Not水洗式)で、電球がボワンと灯る、昔懐かしいもののお話。必ずオバケと結びつけられたのでイメージ先行で怖がった・・・・そんな時代もありましたね。

では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年4月11日

次週のハガキの宛先は、松田聖子さんの話題を受けて 「生まれ変わったらメジャーになろうね」 でした。

=================================
この後、5週分(1985/4/18~5/16)の音源が、残念ながら確認できていません。
この間には、レコードデビュー1ヶ月前の南野陽子さんがゲストで来たり、この番組へのハガキがキッカケで浩子さんが作ったアイドルソングが初めて流れたり、と話題がいくつもあるようなので、音源が残っていたら聴いてみたいものです。
そんな訳で、次の紹介は、1985/5/23放送の第163回になります。



Date: 2017.05.18 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #102 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/4/4

今日の音源は、第156回、1985年(昭和60年)4月4日の放送分です。

3月で終了した『谷山浩子のニャンニャンしてネ!』から「にゃんにゃん伝言板」がお引越し。
ディレクターが森谷さんから鳥谷さんに替わったことを冒頭から感じさせる放送回です。

その新体制での1曲目は、間もなく発売になるシングル:「ブルーブルーブルー」。
そうです。あの「TOM★CATみたいな」と言われた高速バージョンです。

この回から新コーナー:「東京だよ、おっかさん」が始まります。
島倉千代子さんの「東京だよお母さん」に乗せて、東京に住んでいる人や来たことがある人が、特定の場所について知らない人に説明してあげたり想像したりするコーナーです。その後、このコーナーは鳥谷ディレクターが退任するまで続いていきます。

今週の「真夜中のお客様」のコーナーは、なしでした。
・・・・新体制の初回ですから、ゲストを呼ぶ余裕はないですね。

では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年4月4日

次週のハガキの宛先は、 「カラータイマー点灯」 でした。


Date: 2017.05.11 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #101 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/3/28

今日の音源は、第155回、1985年(昭和60年)3月28日の放送分です。

冒頭の浩子さんのこの1週間の活動報告は、札幌に行ってきたお話。
今となっては懐かしい「車粉」のことを話しています。
悪しきものなれど、この春先に必ず話題になる札幌の春の風物詩でしたよね。スパイクタイヤが禁止されてスタッドレスタイヤになって、スパイクピンで道路が削られて出る粉も出なくなって環境が改善されたからこそ“死語”になりました。

今回はこれまで1982年4月の放送開始以来ずっと担当してきた森谷ディレクターがこの回を以って番組を去るという週でした。
そんなせいもあってか、森谷さんがやりたい放題。いつものコーナーの多くは飛ばしています。反対に、最近少なくなっていた今週の「真夜中のお客様」のコーナーはなんと2人!

1人目は、半年前までハガキ選びをしていた“うさぎ”こと、「山崎えりこさん」
就職も決まって社会人デビューに向けた研修を受けているようですが、森谷さんが最後ということで、このところ話題になっていた「上柳昌彦アナウンサーとハワイで逢ったのか?」について皆さんからツッコミを受けています。・・・・これから約3年半を経て、1988年にこの2人が本当に結婚に至ったというのは後日談です。

そして、もう1人は、次週から担当する「鳥谷ディレクター」です。
当時まだ25才。浩子さんよりも年下ということで若返りが図られています。そんな若手を心配する森谷さんから自己紹介を始めとしていろいろとしゃべらされて(半分イジメ?)、結構タジタジになっているのが新鮮です。

番組終わりの「お早うございますの朝食屋さん」のコーナーは、森谷さんと話す機会が最後ということもあって、時間延長:拡大版になっています。そんな形でドタバタしながら、森谷ディレクターが担当する最後の放送は終わっていきます。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年3月28日

次週のハガキの宛先は、 「がんばれ鳥ちゃん」 でした。


Date: 2017.05.04 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #100 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/3/21

この紹介も100本目になりました。
記録してきたウP主さん達には、改めて感謝です。

今日の音源は、第154回、1985年(昭和60年)3月21日の放送分です。

改編期の直前、森谷ディレクターがこの回もいないままの放送です。
この回は、浩子さんの作品に関して、いま思えば貴重な話が2つありました。

1つは、「ザ・トップスリー」のコーナー。
4月発売予定のシングルのB面曲:『メリーメリーゴーラウンド』。
前回1位になりながらもレコードがまだ存在しない為に放送できなかったのですが、今回は浩子さんがデモテープを持ってきて流しています。当然、シングルVer.・アルバムVer.とも違ううえ、デモテープだけにヴォーカルと演奏のバランスなど音の処理を何もしていないのがよくわかるものを聴かせてくれています。
(ちなみに、この作品の発売はこの放送のちょうど1ヶ月後の4月21日でした。)

そして、もう1つは『ガラスの子馬』のタイトルにまつわるエピソード。
『唄っていて、憑りつかれそうで怖くなった』ので、歌詞に出てくる動物を“子馬”に変えたんだそうです。この辺りは是非聴いてみてくださいね。

今週も「真夜中のお客様」のコーナーは なし でした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
この録音も最後の10分くらいワウフラッターで音が揺らぐのですが許容範囲です。
古いカセットテープから音源を起こしているので、保管状態を考えれば止むをえませんね。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年3月21日

次週のハガキの宛先は、 「転んだ後の谷山浩子」 でした。


Date: 2017.04.27 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #99 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/3/14

今日の音源は、第153回、1985年(昭和60年)3月14日の放送分です。

冒頭から「花粉症で目がかゆい」と言っている浩子さんです。
前半では、この番組で出会ってお付き合いしていると噂になっている上柳アナウンサーと元:番組アシスタントの「うさぎ」さんの同時期のハワイ行きについて、『疑惑のハワイ航路』という形で面白がってしまっていて、月曜日の2部の「上柳昌彦のオールナイトニッポン」とのコラボ状態になっています。

後半では、この数週間盛り上がっている真冬の真夜中の怖い話が面白い展開に。
・・・・最初の頃は怖がっていた浩子さんも徐々に楽しみ始めていますね。

「真夜中のお客様」のコーナーは なし でした。

終わりのトークのコーナーでは、この時にレコーディング中の新アルバム:「眠れない夜のために」の収録時のエピソードを語っています。きれいに弾けたと自分が思った時はスタッフから面白くなかったと言われ、ピアノが響き過ぎたり感じた時などの方が良かったと言われる、という“感覚”の差を面白がっていたりします。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
終盤でワウフラッターが起きていて少し音が揺らぎますが、古い音源なので許容範囲です。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年3月14日

次週のハガキの宛先は、 「浩子、卒業します。」 でした。


Date: 2017.04.20 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #98 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/3/7

今日の音源は、第152回、1985年(昭和60年)3月7日の放送分です。

入試の結果や卒業にまつわるものなど、季節のおハガキが多い週です。
・・・・なのですが、オープニングは何故か「軍艦マーチ」です。

中盤のハガキコーナーでは今回も「ねこ耳少年」に恋した女性について触れていて、浩子さんが『本格的に恋人になったらしいです。』と上手くいっていることを簡単に報告しています。

また、後半の森谷ディレクターのコーナーで、ニッポン放送で浩子さんがやっていたもう1つのプログラムである「谷山浩子のニャンニャンしてネ!」がこの3月いっぱいで終了する告知がされています。

後半で特筆すべきは、「4月2日ファンの集い “ねこ森集会”」のイベント用の告知です。
谷山浩子の作品をモチーフに3分程度のビデオ作品を募集しています。
いまもニコニコ動画のような映像サイトで浩子作品のイメージビデオを作っている人たちがいますが、浩子さんは自分自身の作品に限って許可していて、浩子さん自身もその出来栄えを楽しんでいるところがありますが、このあたりにそのOriginがあるようですね。

尚、「真夜中のお客様」のコーナーは なし でした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年3月7日

次週のハガキの宛先は、 「わてが浩子だす」 でした。


Date: 2017.04.13 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #97 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/2/28

今日の音源は、第151回、1985年(昭和60年)2月28日の放送分です。

森谷ディレクターが39度の発熱でスタジオの隅のソファーで寝ているという放送です。
普通に考えれば2月末の高熱・・・インフルエンザですよね。それでも普通に歩き回っているのがこの時代でしたね。

前半のコーナー:「浩子の恋ひとすじ」は、あの頃ポピュラーだったバイオリズムから男女の相性を占うというものです。今回は“そのまんま東さん”との相性を占ってくれと言う青森の女性がいましたが、彼のその後の波乱万丈の人生を果たして彼女はどう見たのでしょうね。

中盤に、浩子さんのマネージャー:斉藤克哉さんが春に向けた浩子さんの活動の告知をしています。そこで「ファンの集い」について触れていて、ここで『ねこ森集会』という話が出てきます。まだエピキュラスが渋谷にあった頃のお話ですが、その時の模様を聴くことが出来ます。 (ちょうど32年前ですね。) いつもと同じく、以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)
谷山浩子 ねこ森集会 渋谷エピキュラス 1985年04月02日


後半のハガキコーナーでは、「ねこ耳少年」に恋した女性(たんぽぽかおるさん)の「その後」について。
「ねこ耳少年」からの5枚のハガキをマネージャーは親切心で送ったそうなのですが、実はハガキには住所も名前も書いていなかったのだそう。しかし、彼女は自力で探し当てたそうで、その状況を知らせるハガキが届きました。

「住所も名前もわからない彼のことを、2月13日に黒崎駅で待っていました。」
 浩子さん: 『ハガキの消印かなんか見たんでしょうね。』
「本当にそっくりな男の子が降りてきました。」
 浩子さん: 『ちなみに、彼女の妹さんからの“密告”によると、駅で5時間待っていたそうです。健気というか、一途というか。』
「恥ずかしくて声を掛けきれず、1時間くらい尾行して、やっとのことで彼を呼び止めた私。」
・・・・事情を話したら感激してくれて、初対面でデートをしたそうです。

そして、このお話は、この年に出た“アイドルソング”になっていくのです。


最後のトークのコーナーで「女性の家事」と「気持ち」についての私見を語る浩子さん。
ここは是非聴いてみて頂きたいのですが、私などは「大変バランス感覚のある意見だなぁ」と改めて聴いても関心させられますが、皆さんは如何でしょうか。浩子さんも結婚して20年、この放送からも30年が経ち、そして「逃げ恥」のようなドラマが流行る中、現在の考えを聞いてみたいところです。


尚、「真夜中のお客様」のコーナーは なし でした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的良いです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年2月28日

次週のハガキの宛先は、 「わたしはココよ」 でした。(放映中の「恋するニワトリ」より。)


Date: 2017.04.06 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #96 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/2/14

今日の音源は、第149回、1985年(昭和60年)2月14日の放送分です。

この前の週に、長いこと病欠していた構成作家のポチ(寺崎要)氏が復帰しています。
この週はいつものレギュラーメニューの流れで進んでいきます。
ハガキ中心で進んでいきますが、ちょうちょい“怖い話”の雰囲気を出していく森谷ディレクターです。

ちょっと興味深かったのは、コンサートチケットの値段を「3,000円」としてきたハガキに
 『そんなに高くないですよ。』
ん!? ・・・・となると、チケット価格は随分上がったんですね。30年でほぼ2倍ですね。

「真夜中のお客様」のコーナーは、その前の週に引続き、お兄さん共々に浩子ファンである女優の 冨田靖子さん ですが・・・・「はい」と「いいえ」しか何故か言いません・・・・というか、彼女の声を使って遊んでいる森谷ディレクターでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年2月14日

次週のハガキの宛先は、 「真夜中の小物入れ」 でした。


尚、この放送回の次の回の音源も見つからないので、再び1回飛ぶ形になります。
実は、この2月21日の回は斉藤由貴さんがゲストに来ています。
しかも、デビュー当日! つまり、初対面ですね。(おそらく)
その後、このような長いお付き合いになると思ったでしょうか。
ここでは、冨田靖子さんに続き、由貴さんも浩子ファンであることを話しているようです。
auのCMでのかわいい由貴さんのデビュー日の声を聴きたいところですが・・・・残念!!


Date: 2017.03.30 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #95 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/1/31

今日の音源は、第147回、1985年(昭和60年)1月31日の放送分です。

前回のハガキコーナーで読まれた「ねこ耳少年」に恋した女性(たんぽぽかおるさん・16才)からハガキが今週も届いていて、その話題からハガキのコーナーがスタートします。
 「ハガキは来たでしょうか? 身元はわかったでしょうか? 叶わぬ夢だったのでしょうか。」
 「もし住所・氏名・年齢などわかりましたら、私の家にご連絡頂けないでしょうか。」
先週の放送では、浩子さんが男の子に向かって
 『聴いていたらお手紙くださいね。』
と呼び掛けましたが、その“尋ね人”はやはりリスナーでした。
本人からハガキが届き、それも5枚も。
そのハガキを読んだ後、浩子さんは現在では絶対ありえない対応をします。
 『では、このハガキを女の子に送ってもらうことにして・・・・こんなところからカップルが生まれたりするんですけどね・・・・後の責任は持ちませんけど。』
まさに「個人情報」ですが、この“大らかさ”が時代を映しているようで、そのどこか仄々としたところも、人と人の繋がりや「放送の楽しさ」に繋がっているように思います。“本人の同意”があるとはいえ、こんなやり取りが出来た時代でもあったんですね。
・・・・そして、このお話はまだまだ膨らんでいきます。


それと、この日の放送では、もう1つの「代表曲」が生まれてくる瞬間に触れられます。
放送の夜が明けた2月1日からNHK:「みんなのうた」で『恋するニワトリ』の放映が始まるお話をしています。

尚、「真夜中のお客様」のコーナーは なし でした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は、ちょっと今回は良くないです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年1月31日

次週のハガキの宛先は、 「パンにはやっぱり谷山浩子」 でした。

尚、この放送回の次の回の音源は見つからないので、1回飛ぶ形になります。


Date: 2017.03.23 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #94 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/1/24

今日の音源は、第146回、1985年(昭和60年)1月24日の放送分です。

前週はコンサートの模様を放送しましたが、今回から平常運転。
ただ、いま振り返ってみれば、この回が浩子さんの「代表曲」を生み出す出来事が始まった放送だったことがわかります。

それは、冒頭のコーナーで読まれた福岡の女性(たんぽぽかおるさん)からのハガキ。
 「コンサートの時にいた“茶色のねこ耳をつけた男の子”に恋をしてしまった。」
という1枚のハガキから始まります。その見た目は浩子さんも覚えていたくらい。
 「住所も名前もわからない。お友達になってくれませんか、って言いたかった。」
・・・・何とも純朴。
浩子さんが、その男の子に向かって
 『聴いていたらお手紙くださいね。おハガキ。取っとこ~』
というのですが、次週以降でこれが膨らんでいく訳ですね。


久しぶりに「真夜中のお客様」のコーナーがありました。
ゲストは、アニメーターの安彦良和さん。機動戦士ガンダムのキャラクターデザインと作画監督を務めたことで有名ですが、この頃はアニメ監督もやっていて、1983年には劇場用アニメ:『クラッシャージョウ』で初監督もして、更には漫画家活動も始めたという頃の安彦さんです。そして、一緒に来たもう一人のゲストが粉味(こなみ)さん。画的に似ていると思ったら、高橋留美子さんの元アシスタントだったんですね。創刊されたばかりの少年漫画誌:「月刊少年キャプテン」におふたりとも作品を発表しているとのことで、今回はその宣伝で来ています。

浩子さんは『生放送』と言っていますが、「お早うございますの朝食屋さん」のコーナーのやりとりを聞いていると、どうも録音だったみたいですね。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年1月24日

次週のハガキの宛先は、 「マドンナみたいな谷山浩子」 でした。


Date: 2017.03.16 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #93 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/1/17

今日の音源は、第145回、1985年(昭和60年)1月17日の放送分です。

この時代には“冬のコンサートツアー”もやっていた浩子さん。
今回はそのスケジュールと当たってしまい、ニッポン放送から番組を行なうことが出来ません。そこで、コンサートの様子を録音したものを放送しています。全編を通して、浩子さんがところどころで簡単な解説を入れていますが、どうやら福岡のスタジオで行なっているようです。

1984年度は「サラダたいむ」という企画系で演出タップリのコンサートもやっていて、これを2日前の1月15日に大阪で行ないました。コンサート会場は、「大阪厚生年金会館の大ホール」です。現在は秋からのソロ・コンサートツアーの最終盤で12月に大阪でのコンサートがありますが、場所は「ザ・フェニックスホール」ですね。

この頃の浩子さんのコンサートはバンド形式。
アルバムにも参加しているドラムスの原田佳和さんや、サイドボーカルには児島由美さんがメンバーに入っています。アルバムには既に石井AQさんも参加している時代ですが、プロデューサーになる前なのでメンバーにはいません。その為、現在のものとは違うアレンジになっている訳で、興味深く全体を聴くことが出来ます。曲目の中に「不思議な手紙」が曲目に入っていますが、これは2008年9月発売のアルバム:「タマで弾き語り」にしか収録されていないので、バンド形式のライブVer.は貴重な音源ですね。

トークでは、当時の最新シングル:「DESERT MOON」を唄うことになったキッカケのお話が興味深いです。ドラマでは、最初から「DESERT MOON」をテーマソング使うことは決まっていたのだそうです。ただ、「それを誰に歌わせるか?」という所でいろいろな個性的な方のお名前が挙がっていたそうです。しかし、その個性が強すぎた為に“意外性”というところで浩子さんにお話が来たのだそうですよ。(挙がったお名前とか詳しいところは本編で。)

こんな楽しい楽曲やトークで綴られる若い頃のコンサートの模様です。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年1月17日

ライブ中継だったので、次週のハガキの宛先は、 なし でした。


Date: 2017.03.09 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #92 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/1/10

今日の音源は、第144回、1985年(昭和60年)1月10日の放送分です。

冒頭のハガキで、入院していた構成作家のポチが年末特番でテレビに出ていたという話題に触れています。まだこの番組へは戻ってきておりません。

この回は、季節外れのオバケの話で、浩子さんとアシスタントのまどかさんが怖がっている様子がここそこに出てきます。森谷ディレクターもSE(音響効果)のテクノさんもからかう様にいろいろな手を繰り出します。

「森ちゃんのナイスアドバイス」のコーナーでは、2週間弱前の前年末に亡くなったDJの草分け:糸居五郎さんの追悼番組の話題にも触れています。「オールナイトニッポン」という深夜放送が始まった時のDJとして第一声を発したのが糸居五郎さんです。実はSEのテクノさんは糸居五郎さんの愛弟子ということも紹介されています。

今回もハガキ中心で、「真夜中のお客様」のコーナーはお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年1月10日

次週のハガキの宛先は、 「ラジオの妖精、テレビの妖怪」 でした。


Date: 2017.03.02 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #91 谷山浩子のオールナイトニッポン 1985/1/3

今日の音源は、第143回、1985年(昭和60年)1月3日の放送分です。

明けてお正月の放送です。
3日の夜中、正確には4日未明に放送している訳ですが、正月をどう過ごしたかを冒頭から話す浩子さんです。この日は年賀状を紹介しながら、浩子さんが選曲したものを聴いていくという、いつもとは違ったスタイルになっています。

トークの中に興味深いお話がいくつも出てきます。
『「すごい人が出てきた」と衝撃を受けた人』として中島みゆきさんの名前が挙がります。
『コッキーポップの中でデビュー前のデモテープを聴いて衝撃を受けた』というところから、この盟友ふたりのエピソードは始まっていくんですね。

そして、恋愛話。
中学2年生の時に同じクラスのサッカー部の副キャプテンが好きだったそうです。
浩子さんの初恋はお茶の水女子大学付属中学校の1年生の時。同じ学校の3年生に想いを寄せたのですが、その時はフラれてしまったんですよね。(まさか四半世紀を経てその人:N氏と結婚するというのも、“人に歴史あり”です。)
でも、2年生の時には違う人に想いを寄せていたんですね。“恋多き乙女”な感じです。

高校生の頃の話題では、いかにも女子校らしいお話。
2年生の時に好きだった他のクラスの女の子。その人が貸してくれたクラシックのレコードの想い出からヴァイオリンコンチェルトを選曲しています。こんなところにも学校の雰囲気を伝えてくれる印象があります。面白いのが、この曲の作曲がシベリウスだというところ。フィンランドの作曲家です。こんなところにも何か縁を感じます。

あたかもFMラジオの放送のような、このようなお話をしながらのお正月の放送です。
変則放送なので、もちろん「真夜中のお客様」のコーナーはお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1985年1月3日

次週のハガキの宛先は、特番なので設定がありませんでした。


Date: 2017.02.23 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #90 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/12/27

今日の音源は、第142回、1984年(昭和59年)12月27日の放送分です。

このオールナイトニッポンがこの年の仕事納めという浩子さん。
なのに、先に気が抜けてしまったのか、風邪をひいて微熱がある中での放送です。

この週に『静岡の玉姫殿でコンサートをやった』と、結婚式場でコンサートをするって珍しいですよね。それにしても、“玉姫殿”ブランドはもうほとんど見なくなりましたね。この静岡の玉姫殿は、その後「ベルアージュ静岡」という名前に変わり、現在は「ベルヴィ ヴァンセーヌ」という結婚式場になっています。

冒頭のハガキのコーナーで、浩子さんが『私のコンパクトディスクが出ているんです!』というお話をしています。「コンパクトディスク」を“CD”と略さずに呼ばれていた、まだ「出立ての新しいメディア」だった時代です。今やデータ配信も多くなり、この“CD”すら数を減らしつつある訳で隔世の感はありますね。
ここで浩子さんが言っている「CD」とは、企画モノとして12月5日に発売されたアルバム:『谷山浩子 BEST SELECTION』のことですね。浩子さんのオリジナルアルバムでCDとLPが併売になるのは、翌年:1985年10月発売の「空飛ぶ日曜日」からになります。

「真夜中のお客様」のコーナーはお休みでした。

終わりのトークコーナーで、『「今年はどういう年でしたか」とよく聞かれる』というところからお話をしています。その中で 『大晦日からお正月にかけて、車が少なくて空気がきれいな時に・・・・』 という言葉を聴いた時に、懐かしい光景を思い出しました。
確かに、70年代後半~80年代前半までは御用納めの12月28日が過ぎると東京の空は急激にきれいになりました。夏のお盆休みの時も同様ですが、北風が吹く冬の方が実感が強かったですね。自動車の排ガスなどでスモッグが飛ばされて、空気が新鮮になった感じがしたこんな経験も“遠い記憶”になりました。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年12月27日

次週のハガキの宛先は、 「ボーナスは谷山浩子へ」 でした。


Date: 2017.02.16 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #89 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/12/20

今日の音源は、第141回、1984年(昭和59年)12月20日の放送分です。

いま改めて聴くと、この回は話題が満載だったんですね。

冒頭の「来週の宛先」のコーナーで、浩子さんが応募してきた宛先名にちなんで 『いま「ネオソフト」のCMの曲を唄っている』 という話をしています。この商品のCMで長きに渡り唄われている歌:『おいしい顔ってどんな顔?』 は浩子さんが作ったものです。しかも、 『パンにはやっぱりネオソフト♪』 のメロディーは現在のCMでも使われていますね。(キャッチコピー自体はこれ以前からあります。) このCMソングは浩子さんの“隠れたヒット作”です。おとといに続き、このブログに[拍手&拍手コメント]をくださる“phm202 (dal 50200mm) さん”が貴重な音源をUPされていましたので、参考に。 (浩子さんの寛大なお心にも感謝です!)



「真夜中のお客様」のコーナーが久しぶりにありました。そのゲストは「高部知子さん」。

“未成年の非行”と社会的に叩かれた高部知子さんを番組の中でも応援していた浩子さん。
1年が経過して謹慎が明け、9月に1年前の発売予定が延期になっていた浩子さんの提供曲(2曲)が含まれたソロ・アルバム:「雨・ア・ガ・リ」を出し、そして10月からドラマにも本格的に復帰してきた高部さん。この日、浩子さんも『特別ゲスト』と言って迎えて、『ずっと会いたかったんですけど、これが初対面』なのだそうです。
ここでは、ドラマ好きの浩子さんらしく、この復帰ドラマ:「転校少女Y」の話題と、アルバムから3題を取り上げていて、浩子さん作の「白いハイヒール」も紹介しています。高部さんの詩の朗読をいま聴くと、10代ながら“表現者”としての実力が高いことを改めて感じます。

その後もいろいろと刺激的な話題を提供した時期もありましたが、今は芸能界は引退して「精神保健福祉士」という現代のストレス社会にはなくてはならないお仕事をされています。専門の著書もあるようですね。

また、このインタビューの中で浩子さんがポロっとしゃべっているのですが、この高部知子さんのアルバムは山川恵津子さんの作品も含まれていることに触れたくだりで
『山川恵津子さんは私の友達で、アレンジャー。鷺巣さんという人の奥さんなんですけど・・・・』
・・・・えっ?! 山川恵津子さんの夫が鷺巣詩郎さんだったとは、この放送を聴くまで知りませんでした。

最後のハガキは、国鉄宮原線(みやのはるせん)を廃線日(1984/11/30)に乗ってきたというリスナーから。最終列車に乗って見て感じたことを伝えてきたものですが、これを素敵な旅として紹介しています。「鉄」への理解は昔からある浩子さんです。そんな宮原線の往時の雰囲気をよく伝えるブログがあったので、一緒にご紹介しておきます。 (ここから


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年12月20日

次週のハガキの宛先は、 「一年分のおいしい浩子」 でした。


Date: 2017.02.09 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #88 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/12/13

今日の音源は、第140回、1984年(昭和59年)12月13日の放送分です。

今回もハガキ中心の進行です。
この日は森谷ディレクターが「おしりに火がついて」ほかの仕事をする為にスタジオに来ず、その作業をしている「会議室」から声で参加してきます。

「ザ・トップスリー」のコーナーでは、第5位で浩子さんの「風物語」がリクエストされています。
この作品は音源化されていないので私も知らなかった作品なのですが、この放送を受けて今回調べてみると・・・・ありました! こんな作品です。

谷山浩子 「風物語」  (※ウP主様:ありがとうございます。)

「森ちゃんのナイスアドバイス」では、浩子さんもスタジオを離れて会議室に向かいます。
ここで森谷ディレクターがどうして会議室にいるか種明かし。クリスマスにあるチャリティー放送の全体進行をひとりで作り上げる為に、「8階の第4会議室」にある『チャリティー・ミュージックソン事務局』に詰めていたという訳です。


「真夜中のお客様」のコーナーは、ここでもお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年12月13日

次週のハガキの宛先は、 「年忘れ、谷山浩子」 でした。 (ちょっと意味深。。。)


Date: 2017.02.02 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #87 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/12/6

今日の音源は、第139回、1984年(昭和59年)12月6日の放送分です。

今回もハガキ中心の進行になっています。

「ザ・トップスリー」では、第2位で「銀河通信」が掛かります。『元々、大変静かな曲なんですが、明るい人がアレンジするとこうなっちゃう。これでも相当抑えたんですよ』という浩子さんです。その“明るい人”とは鷺巣詩郎さんのことですね。
そして、第1位に“セイントフォー”が選ばれています。11月に出したデビューシングル:「不思議Tokyoシンデレラ」が上がっています。セイントフォーと言えば、浩子さんの提供曲も多い岩男潤子さんがメンバーでしたが、翌年:1985年の中途加入なのでこの時点では入っていません。(セイントフォーの当時は“いわお潤”というお名前でしたね。)

前半で、『今日はニッポン放送に「ザ・ベストテン」の中継が来ていて、さんまさんの番組に出ていた時に髪だけでも映ったかもしれない』という話題をしていたところ、放送中にリスナーからの電報が届いて紹介されます。その「祝電」は 「ザ・ベストテン出演 おめでとうございます!」 というもの。髪だけでなく、横顔が半分くらい画面に出たらしいと語っています。
考えてみれば、この時代は「電報」が最も速達性のあるテキスト媒体だったんですよね。

「真夜中のお客様」のコーナーは、またまたお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年12月6日

次週のハガキの宛先は、 「私はアイドル(idol?/idle?)」 でした。


Date: 2017.01.26 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #86 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/11/29

今日の音源は、第138回、1984年(昭和59年)11月29日の放送分です。

今回もハガキ中心の進行になっています。
冒頭のハガキのコーナーに入るところで“今週の宛先”を決めるのですが、応募してきた“宛先”が 「Do you know me? 私をご存じですか?」 というもの。浩子さんへの皮肉がセンス良く織り込まれたコピーですが、これはアメリカのプロゴルファー:ジャック・ニクラウスさんが出演したアメリカンエキスプレスカードのCMからですね。こんなCMでした。



このCMでは「デカケルトキハ ワスレズニ!」というニクラウスさんの日本語セリフも流行りましたね。

話は戻りますが、ここで浩子さんは「ニッポン放送まで電車で来ている」という話をしています。しかし、『一度も「谷山浩子さんですか?」とか「サインください!」とか声を掛けられたことがない。。。』というエピソードを語っています。

1枚目のハガキで「DESERT MOONでの歌声がアイドルしてるけど・・・(中略)・・・アイドルするのは止めた方が・・・・」といった話が出てきます。このブログの「全曲紹介」でも触れましたが、実際、このシングル盤は録音時よりキーが上げられて出されたもの。ここでは、浩子さんは
『浩子さんもそう思うんですけどぉ、つい内心の純粋さが出てしまう、別にブリっこしている訳じゃないんですが、なんか浩子、声が若くがなっちゃうんですよね。』
と、「周囲の大人たちがやった真実」は言えずに“大人の対応”をしていますね。
(今となっては「お姉ちゃんのうそつきっ!」って感じ?!)

その後のハガキから、「みんなのうた」で『恋するニワトリ』を来年唄うことになって翌月に歌入れを行なうこと、以前のオールナイトニッポンで話した早見優さんのアルバムに提供した曲がボツになったこと、そして、前回少し触れたFM東京での新番組:「サウンドパステル」が始まる、という3つの告知をしています。この「サウンドパステル」は音源もあるので、機会を見て紹介したいと思います。

「ザ・トップスリー」では、“タケクラ高校”というトンデモナイ読み間違いをする浩子さん。気づいて結構恥ずかしそうに笑い飛ばしている感じが面白いですよ。

この回は、森谷さんが中島みゆきさんのコンサートに行ってきたというお話で、感銘を受けてきた「ピエロ」という作品を浩子さんと聴きながらシミジミ語っています。恋愛経験についても触れている人間味あふれる放送です。

そして、新曲の販売促進活動として11月8日放送分から行なっていた『ニッポン放送にシングル:「DESERT MOON」のジャケットを送ると、浩子さんがサインして返送する』というキャンペーンの締切りの案内をしています。この募集があとで“大きな事件”になっていくんですけどね。。。


「真夜中のお客様」のコーナーは、またまたお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年11月29日

・・・・ということで、次週の宛先は 「Do you know me?  私をご存じですか?」 でした。


Date: 2017.01.19 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #85 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/11/22

今日の音源は、第137回、1984年(昭和59年)11月22日の放送分です。

今回もハガキ中心の進行になっています。
「ポチが入院した」という話が出て来る回です。これが結構な長期入院になったんですよね。

「勝手ににゃんにゃんするな」のコーナーでは、
フジテレビの夕方のニュース:「FNNスーパータイム」でBGMに『DESERET MOON』をかけている、という話題が出てきます。ここでは、原曲の“Dennis De Youngバージョン”が掛かっていたのだそうです。この「FNNスーパータイム」は10月に始まったばかり。その後、ニュースショーとして10年を超える長寿番組になりますが、開始当時は逸見政孝アナウンサーと幸田シャーミンさんがアンカーを務めていましたね。
ちなみに、Dennis De Youngさんの原曲はこんな感じです。
(公式サイトより)




「真夜中のお客様」のコーナーは、またまたお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年11月22日

次週のハガキの宛先は、 「十年の眠りから覚めたニューミュージック界のゴジラ」 でした。


Date: 2017.01.12 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #84 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/11/15

今日の音源は、第136回、1984年(昭和59年)11月15日の放送分です。

今回はハガキ中心の進行になっています。

「森ちゃんのナイスアドバイス」では、毎年12月24日~25日に行なわれる「ラジオチャリティー・ミュージックソン」のコーナーや協力の呼び掛けをここ数回連続して行なっています。この日寄せられていたハガキから大変真面目なお話をしています。たまにはこういうのがあってもラジオ、深夜放送らしくて良いですね。ちなみに、この年(第10回)のチャリティー・パーソナリティーは、欽ちゃんと研ナオコさんでした。つい先日行なわれた2016年(第42回)のパーソナリティーは斉藤由貴さんが25年ぶりに担当されましたね。

「真夜中のお客様」のコーナーは、またお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年11月15日

次週のハガキの宛先は、 「いつもポケットに浩子」 でした。


*** 今年もこんな感じでこのコーナーを続けていきますね! ***


Date: 2017.01.05 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #83 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/11/8

今日の音源は、第135回、1984年(昭和59年)11月8日の放送分です。

冒頭は、この1週間で行ってきた大学祭のお話。
その中の千葉県松戸市にある日本大学の歯学部のコンサートで起きた出来事が最初の話題です。酔っぱらった先輩方が来ていたのか、「夜のブランコ」を唄い終わった後に掛かった「掛け声」に笑えます。

このところ続いていた「浩子さんを見た」という“目撃情報”は、とうとう 『わたしは浩子を見た』 という新コーナーになっています。

「真夜中のお客様」のコーナーは、またお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年11月8日

次週のハガキの宛先は、 「類似品にご注意」 でした。


Date: 2016.12.29 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #82 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/11/1

今日の音源は、第134回、1984年(昭和59年)11月1日の放送分です。

この1週間に学園祭への出演で釧路に行ってきた浩子さんです。
今日は久しぶりに構成作家のポチ(寺崎要さん)がスタジオに来ています。
相変わらず森谷さんとCM中にエロトークをして浩子さんを困らせます。今じゃ完全にセクハラ扱いですね。

冒頭のハガキのコーナーでは、当時よく言われた「谷山ファンは暗い」・「谷山浩子は暗い」の話題でひと盛り上がりします。浩子さんの 『私、そんなに暗くない』 という発言へのポチの切り返しが傑作です!
また、「番組表」への記載についてのハガキでは、ラジオ欄で 「谷山浩子のニャンニャンしてネ!」 の表記が 「谷山浩子のニャン」 になっているということを話しています。これは私も見た覚えがありますが、皆さんは如何ですか?

「ザ・トップスリー」のコーナーでは、第3位で香港のアイドル:ウィナ・コルテスさんの為に書いた「六月の花嫁」を柏原芳恵さんがカバーしたことに触れています。
そして、第1位は、浩子さんの「秋ぎつね」。このオールナイトニッポンで行なっていた動物愛護キャンペーンから生まれた作品です。まだアルバム音源化される前なので、ここでは発表会の時に浩子さんが唄ったライブ音源です。

前月:10月に発売された井上陽水:「いっそ、セレナーデ」のタイトル読みのイントネーションで曲を掛け直したり、と今回はポチが来て番組がいろいろな部分で活気づいた感じがする放送です。

そして、この前の週に発売になった浩子さんの本の話題に触れています。
(「ねこの森には帰れない」 新潮文庫)




「真夜中のお客様」のコーナーは、またお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年11月1日

次週のハガキの宛先は、 「ビートたけしに続け」 でした。


Date: 2016.12.22 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #81 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/10/25

今日の音源は、第133回、1984年(昭和59年)10月25日の放送分です。

この日は森谷ディレクターが第1部のビートたけしさんの放送を大阪から行なったということで不在・・・・という体でスタートしていきます。(?) レコード出しをするテクノさんと、ハガキ整理のアルバイトのまどかさんしかいません。

冒頭のハガキのコーナーでは、10月13日(水)から放送が始まったフジテレビのドラマ:『「青い瞳の聖ライフ」を観た』というお話をしています。この放送日からすると第2回の放送ですね。浩子さんの唄う主題歌はこんな映像に乗って流れていました。

(この翌週放送分のOP映像です。ウP主さんありがとうございます。)



この日は「真夜中のお客様」のコーナーが、久しぶりにありました。ゲストは漫画家の白倉由美さんと、漫画ブリッコの大塚英志編集長でした。当時は大学生の漫画家と若手編集者でしたが、その後この2人は結婚して夫婦になっています。

ちなみに、ちょこっと裏方に“うさぎ”さんが来ているようで、就職活動が終わって内定を得たようです。

最後に、実は大阪にいるといった森谷ディレクターが登場。
実は、ビートたけしさんの放送は今日これから大阪に行って行なうことを種明かし。
つまりは、この日の浩子さんの放送は“録音”ということでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は冒頭部で若干荒れますが、その後は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年10月25日

次週のハガキの宛先は、 「マジな歌手には帰れない」 でした。


Date: 2016.12.15 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #80 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/10/18

今日の音源は、第132回、1984年(昭和59年)10月18日の放送分です。

今回も森谷ディレクターとマネージャーの斉藤克哉さんしかいないと嘆く浩子さんです。
とにかく森谷Dが不機嫌という冒頭の触込みから始まって、なだめたり気を遣いながらの浩子さんです。
ハガキのコーナーあたりから森谷Dがスタジオが暑いと言いだし、番組が終わるまで暑さも気にしつつの放送になっています。

「ザ・トップスリー」のコーナーでは、「ちびまる子ちゃん」に出る前のTARAKOさんの曲が1位に選ばれています。
また、先週の「世界歌謡祭クイズ」の当選者の発表があり、チョイチョイと寸劇など小ネタを挟みながら進行しています。

尚、「真夜中のお客様」のコーナーはお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年10月18日

次週のハガキの宛先は、不機嫌な森谷Dが「考えるのが面倒臭い」という理由で “なし” でした。


Date: 2016.12.08 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #79 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/10/11

今日の音源は、第131回、1984年(昭和59年)10月11日の放送分です。

森谷ディレクターとマネージャーの斉藤克哉さんしかいないと嘆く浩子さんです。
冒頭から「宛先」のコーナーが長くなりすぎて、ハガキのコーナーが飛んでしまいます。

今日はいきなり「大洋コーナー」から始まります。
当時のサービスとしてよくあった「テレホンサービス」で『大洋ホエールズファン感謝デー』の案内を流しています。ここでこの年のシーズン最終戦の案内もしていますが、この試合がエースの平松政次さんの引退試合になることにも触れています。
そして、この大洋コーナーもシーズン終了を以って終了との告知付きでした。

ハガキのコーナーで、『以前、中島みゆきと谷山浩子が「待つわ」をオールナイトニッポンでハモって失敗した』という話題に触れていますが、そのお話しはこれですね。



そして、先々週でハガキ選びの「うさぎ」さんが就職活動の為に引退しましたが、先週盛大に行なわれたという送別会の模様を伝えています。

「ザ・トップスリー」のコーナーでは、第3位に広島東洋カープの応援歌:「それ行けカープ~若き鯉たち~」が入っています。この1984年はセ・リーグ制覇の勢いのまま、阪急ブレーブス(懐かしい!)と戦った日本シリーズにも勝って日本一になった年です。今年はたびたびTVでこの応援歌が流れていましたが、この年以来の日本一になれるかというシーズンでしたね。

「真夜中のお客様」のコーナーはお休みでした。

最後の方で読まれた女子高生の失恋のおはがき、そしてその女性へ電話をした「お早うございますの朝食屋さん」のコーナーは、浩子さんのお人柄がよく出ている優しい放送になっています。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源は比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年10月11日

次週のハガキの宛先は 今週は『表には谷山浩子と書かず』に 「世界歌謡祭クイズ」 と書く回でした。


Date: 2016.12.01 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #78 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/10/4

今日の音源は、第130回、1984年(昭和59年)10月4日の放送分です。

秋の改編期を乗り越えて番組も無事に継続しています。
冒頭のハガキのコーナーで、前回触れていた『TVドラマの主題歌を唄います』ということの詳細が明かされます。フジテレビ系の「青い瞳の聖ライフ」の主題歌として『DESERT MOON』が11月21日に発売になること。そして、自分の作品ではなく、ちょうど流行っているカバーソングを唄うことをお話しています。

「ザ・トップスリー」のコーナーでは、浩子さんのデビュー前の「夏の窓辺で」が流れています。その時の浩子さんの恥ずかしがりっぷりが面白かったりします。ちなみに、この作品はデビュー35周年記念アルバムとして再販された『静かでいいな ~谷山浩子15の世界~ 35th Anniversary Edition』の中に「特典」(ボーナストラック)として収録されています。




今週はハガキ中心の進行になっていて、「真夜中のお客様」のコーナーは、再びお休みでした。

そして、この週でハガキ選びの「うさぎ」さんが就職活動の為に引退。(実質は前回)
エンディングにリクルートファッションでやってきて、ニッポン放送に集まっていたファン:「玄関少年」から来局時に報告を受けていた浩子さんがその姿にビックリしているところなんかもあります。
ちなみに、次回の放送でわかるのですが、どうやらこの日に送別会を行なったんでしょう。
即ち、この回は録音ですね。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源も比較的クリアですが、中盤以降で高周波ノイズが多少気になるかもしれません。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年10月4日

次週のハガキの宛先は 「スリーバント失敗」 でした。


Date: 2016.11.24 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #77 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/9/27

今日の音源は、第129回、1984年(昭和59年)9月27日の放送分です。

いろいろな不思議で数週間盛り上がっていたコンビニエンスストアのお話。
浩子さんのおばあさんの家が千葉県の八日市場市(現:匝瑳市)にあり、浩子さんも幼少の数年をそこで過ごした訳ですが、そのお家が現在はセブンイレブンを経営していることを忘れていたそうで、思いだしついでに思いっきり宣伝しています。
 『八日市場で、駅から歩いて10分くらいの田町というところでやっています。』
ということですが、現在もお店はあるようですね。 (地図

久しぶりの「真夜中のお客様」のコーナーは、藤本敦夫さんと石井AQさん。
藤本敦夫さんは、浩子さんのアルバム:「時の少女」・「たんぽぽサラダ」・「水の中のライオン」をプロデュースした橋本一子さんのダンナ様ですね。もちろん演奏で参加しています。
そして、いまや浩子さんのプロデューサーとなっている石井AQさんですが、この時はまだ20代中盤。さすがに声が若い! まとめる風な感じも全然ない若手ミュージシャンの雰囲気です。これはこれで、今の姿を知る皆さんは聴き甲斐がありますよ。

森谷さんが「レーザーディスクとHi-Fiビデオを持っている」と自慢していて、これがニューメディアだという“時代”を感じさせる会話が繰り広げられているところも懐かしいですね。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源も比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年9月27日

次週のハガキの宛先は 「愛の送りバント」 でした。


Date: 2016.11.17 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #76 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/9/20

今日の音源は、第128回、1984年(昭和59年)9月20日の放送分です。

『ニッポン放送にテレビが来ている』という話から飛ばし気味に入る浩子さんです。
その理由は次第にわかってきます。
直後の「提供」の紹介では、聞き逃しそうになるくらいさりげなく、
 『中島みゆきさん、くれた“ドライフラワー”・・・』
という言葉が出て、一瞬「んっ?」 ・・・・そうです。中島みゆきさんがやってきています。

乱入する時の浩子さんの反応、本当に楽しそうですよ!
なにしろ紹介の仕方が
 『ウチの血を分けた許嫁が今日は来ていましてね・・・』
 「中島でございます。」

ここからの盛り上がり方でいかに2人が仲が良いかが伝わってきます。
・・・・2013年2月にあった『谷山浩子のオールナイトニッポン45周年記念スペシャル』で、前枠を担当した中島みゆきさんが居残った時の2人のやり取りは、28年前と変わらなかったことがよくわかると思います。(冒頭の25分くらいです。)

「写真がないのは、もらわれっ子だからかも・・・」という話をした記憶がある方には懐かしく、そして中島みゆきさんが来ているのにユーミンの曲を流そうとするやりとりで当時の噂も思い出させてくれる放送回です。

「真夜中のお客様」のコーナーは、今回もお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源も比較的クリアですが、今回も近接の周波数の放送局の音がカブります。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年9月20日

次週のハガキの宛先は 「ほとんど趣味的」 でした。


Date: 2016.11.10 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #75 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/9/13

今日の音源は、第127回、1984年(昭和59年)9月13日の放送分です。

今回はいつものメンバー〔浩子さん・森谷D・ポチ(寺崎要)・うさぎ〕が揃った生放送ですね。

冒頭のハガキのコーナーで読まれる「ウルトラマンタロウ」の「怪獣モチロン」の登場回のお話は笑えます。その回を映像で確認したくなるほど、実に興味深い展開です。(怪獣の画像はYouTubeで見つかります。)

「ザ・トップスリー」のコーナーでは、河合奈保子さんが唄う「渚のライムソーダ」に触れています。浩子さんが提供した作品ですが、奈保子さんのは“アイドルVer.”。浩子さんがセルフカバーしたものは(自分で唄うには恥ずかしすぎて)歌詞が違うものに変更されていますので、原曲の方になりますね。そして、ここでお猿さんで有名な「高崎山」を浩子さんだけが知らなかったということがわかって、大きくうろたえ凹む浩子さんも聴きものです。

読まれるハガキにも「国鉄」という表現が出てきますが、ちなみにJRになるのは2年半の後です。

森谷ディレクターのコーナーでは、翌10月25日に初来日になるコアラ:6頭(全部オス)の名付け親になろうという話題に触れています。この6頭は東京都の多摩動物公園、名古屋市の東山動物園、鹿児島市の平川動物公園の3ヶ所で飼育されることになります。
ただ、この名付け親になった人への賞品が懐かしい。1位の「日産サニーハッチバック」はB11型のサニーですね。この時期は後期型ですから、たぶんこれですね。

「真夜中のお客様」のコーナーは、今回もお休みでした。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源も比較的クリアですが、今回は割と近接の周波数の放送局(NHK?)の音がカブります。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年9月13日

次週のハガキの宛先は 「今こそ谷山浩子」 でした。


Date: 2016.11.03 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #74 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/9/6

今日の音源は、第126回、1984年(昭和59年)9月6日の放送分です。

冒頭のコーナーで久しぶりに春風亭小朝さんに会ったという話をしています。
『会ったら「太りましたね。」と言われた。ずっと41Kgだったのが、半月で43.5Kgになった。』
あの頃に比べて、いまの浩子さんはだいぶ丸くなりましたねぇ。。。。

今回はハガキ中心の回でした。
大洋漁業のブランドの「マルハ」についての解説ハガキなど、面白いものが寄せられています。

「真夜中のお客様」のコーナーは、またまたお休みでした。

今回は浩子さんが『お腹を壊して点滴を受けて来た』というくらいなので「収録」のようです。
(また「おはようございますの朝食屋さん」のコーナーのやり取りで、それがわかる展開に。。。。)


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
音源も比較的クリアですが、若干のパチパチノイズが入ります。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年9月6日

次週のハガキの宛先は 「まだまだ谷山浩子」 でした。


Date: 2016.10.27 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #73 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/8/30

今日の音源は、第125回、1984年(昭和59年)8月30日の放送分です。

お誕生日を2日前に迎えた28才最初の回になります。
冒頭から浩子さんは 『17才から1つ年を「取って」、16才になりました。』 とのたまっています。
スポンサーがない番組なので、冒頭の「提供」はリスナーからのプレゼントが読まれるのですが、とにかく今回は大量のプレゼントが届いていて、番組のテーマ(てんぷら☆さんらいず)が終わって2回も延長されるほど。

『当時アイドルだった早見優さんのアルバムの曲を頼まれた。資料もなかったので紀伊國屋書店で写真集を買ってきた。』という話をしています。『かわいい曲が書けた。』と浩子さんは言っていますが、この顛末は3ヶ月後の放送で明らかになります。

前半に声が聴こえる小林麻美さんは、最近25年ぶりに復帰されましたね。
女性ファッション誌の表紙を飾ったようですが、あの華奢な身体から醸し出す雰囲気は当時と変わらない感じに映りましたが、皆さんは如何だったでしょうか。

そして、「ザ・トップスリー」のコーナーでは、「小室等の音楽夜話」で小室等さんと作った『ゆれないものは』が第1位に輝いています。“触り”と言っても8割方は流れていますが、やはり他局なので全編は流れません。
この『ゆれないものは』は、このブログでもご紹介しましたので、是非こちらでどうぞ。



「真夜中のお客様」のコーナーは、今週もなしでした。

「がんばれ!大洋ホエールズ」のコーナーでは、親会社の大洋漁業の『マルハ』の由来を教えてほしいと問い掛けています。その答えは、次回放送回で語られます。

ちなみに、この週、実は「収録」です。
最後のコーナー:「おはようございますの朝食屋さん」で電話機のトラブルが起きるのですが、その顛末に関する記事がネット上にあります。(こちら


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
今回は音源も比較的クリアです。以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年8月30日

次週のハガキの宛先は 「熟女のささやき」 でした。


Date: 2016.10.20 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   

【ラジオ】 #72 谷山浩子のオールナイトニッポン 1984/8/23

今日の音源は、第124回、1984年(昭和59年)8月23日の放送分です。

次週に浩子さんのお誕生日を控えた27才最後の回になります。
「1週間のお休みをもらって、だらー、ごろーっと寝ていたことが多かった」そうで、「社会人のような生活になってしまって、朝8時に起きる生活だったので、いまはとても眠い」と言いながらの生放送。しかも「ノーブラで来てしまった」と冒頭から暴露しています。

「真夜中のお客様」のコーナーは、今週はなしでした。

この回は構成作家のポチ(寺崎要さん)が久しぶりにスタジオにきたので、ハガキ中心に展開されていきますがチョイチョイ合いの手が入ってきます。


では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
今回も全体的に高周波ノイズが入っている為、少し聴きにくい音源かもしれません。ヘッドフォンではなくスピーカー再生の方が向いているかと思います。以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1984年8月23日

次週のハガキの宛先は 「お迎えが来ました」 でした。


Date: 2016.10.13 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)