「追悼番組」ならびに「お別れの会」の告知

先日お知らせした冨田勲さんの追悼番組が放映されます。
今日の午後からなので改めて告知します。

■ 5月27日(金) 14:00~18:00  【ラジオ: NHK-FM】
    『未来を走り続けた冨田勲の音世界』

■ 5月28日(土) 24:50~25:49  【テレビ: Eテレ】
    『ETV特集 「音で描く賢治の宇宙 ~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~ 」』
      2013年2月3日放送分の再放送です。

■ 5月29日(日)
  ① 13:50~14:55  【テレビ: 総合】
    『NHKアーカイブス 「理想の音を追い求めて ~冨田勲さんを偲ぶ~ 」』
      この中で『NHK特集 「冨田勲の世界 ~ドナウ川・光と星のコンサート」』
      (1984年11月18日放送)を取り上げます。
  ② 22:50~24:00  【衛星: BSプレミアム】
    『宇宙を奏でた作曲家 ~冨田勲 84年の軌跡~ 』
      作曲家・冨田 勲の音楽を堪能するスペシャル番組。
      アニメ音楽、テレビ番組やドラマのテーマ音楽等で冨田さんの軌跡を辿る。


また、冨田勲さんの「お別れの会」が決定したと、25日に報道発表がありました。

 6月15日(水) 14時から 東京都港区南青山の青山葬儀所にて。


スポンサーサイト
Date: 2016.05.27 Category: 冨田勲(&PSO)   

【冨田勲】 追悼番組の放送が決まりました。


先週の日曜のニュース、そして月曜の新聞で大きく報じられた冨田さんの死去の報。

特に関係が深かったNHKで過去の音源や映像から追悼番組が設定されるだろうと思っていましたが、12日にようやくその内容が発表されました。放送日がまだ先なので準備に入ったのでしょう。それほど突然の訃報だったということの裏打ちですね。
ラジオ・地デジ・BSとそれぞれありますが3日間連続です。
その放送予定日時と内容を改めてご紹介します。

■ 5月27日(金) 14:00~18:00  【ラジオ: NHK-FM】
    『未来を走り続けた冨田勲の音世界』

■ 5月28日(土) 24:50~25:49  【テレビ: Eテレ】
    『ETV特集 「音で描く賢治の宇宙 ~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~ 」』
      2013年2月3日放送分の再放送です。

■ 5月29日(日)
  ① 13:50~14:55  【テレビ: 総合】
    『NHKアーカイブス 「理想の音を追い求めて ~冨田勲さんを偲ぶ~ 」』
      この中で『NHK特集 「冨田勲の世界 ~ドナウ川・光と星のコンサート」』
      (1984年11月18日放送)を取り上げます。
  ② 22:50~24:00  【衛星: BSプレミアム】
    『宇宙を奏でた作曲家 ~冨田勲 84年の軌跡~ 』
      作曲家・冨田 勲の音楽を堪能するスペシャル番組。
      アニメ音楽、テレビ番組やドラマのテーマ音楽等で冨田さんの軌跡を辿る。

どれも永久保存版ですが、特に強くお奨めしたいのが29日の総合テレビの番組です。
その中で取り上げるとしているドナウ川=オーストリア・リンツで行なわれる音楽祭での野外コンサートの模様は感動ものです。そのスケールに圧倒されるだけでなく、この発想がその後のデジタル音響家電にも反映されていったので、エポックメイキングになったイベントと言えると思います。

時期が近付いたら、またご案内します。


Date: 2016.05.15 Category: 冨田勲(&PSO)   

【冨田勲】 (追悼) この日が来てしまいました。。。

昼過ぎに外出から帰り、パソコンを立ち上げた。
YahooニュースのHeadlineに書かれた文字に、一瞬、我が目を疑いました。

『 作曲家・冨田勲さん死去 84歳 』

様々な音楽に触れることの多かった学生生活の間で、自分にとって最もよく聴いていた音楽家のひとりでした。既に齢を重ねられていたので、「いつかは・・・」と思っていましたが、本当にその日が来ると残念でなりません。


半世紀も前から毎日のようにテレビから聴こえてくるテーマ音楽だけでなく、映画音楽、そして現代の日本文化の象徴でもあるアニメーションの世界でも高い貢献をされてきた大作曲家です。

自分にとっては作曲家以上に『シンセサイザー奏者』という面で関心があった方でした。
10代前半はクラシック音楽は楽しくないものでしたが、冨田さんの『展覧会の絵』を聴いて電子音楽の面白さを知り、原曲のクラシック盤との聴き比べてみたり、それぞれの良さを知る価値観を広げる機会にもなっていたように思います。

22才で外科手術を受けた時には、NHK-FMでエアチェックしたオーストリアのリンツの「ブルックナー音楽祭」で行なった野外ライブ:『マインド・オブ・ザ・ユニバース』(※ダイジェスト版がその後アルバム化)をヘッドフォンで何度も聴きながら入院生活の時間を過ごしたことが思い出されます。

70'S後半~80'S前半は、日本でシンセサイザーといえば、冨田さん、喜多郎さん、そしてYMO。冨田さんは近年も初音ミクとの共演など先進的なことに取り組んでいて、その模様がテレビで流れたりしていましたが、国内外でも評判も高く『世界のトミタ』を強く印象付けられていました。

今年はシンセサイザー奏者のパイオニア的な存在であったイギリスのキース・エマーソンが亡くなり、そして冨田さんが逝き、時代を創った先生を世界は失いました。

現在も進んでいる「ISAO TOMITA Project」。
過去の音源を最新の録音&音響技術で録り直していきながら、そこに新たな息吹も加えています。この活動を大変興味深く見ていただけに、この活動が志を継ぐ方々で続いていくことを期待したいと思います。

このブログでも「音楽」のコーナーで取り上げたいと考えていたアーティストのひとりでした。
時期を見て毎月1アルバムくらいのペースで足跡と共にご紹介していきたいと思います。

NHKが映像や音源の資料をたくさん持っていて、おそらく追悼番組も放送されると思うので、それを見ながら偲びたいと思います。

・・・・とにかく、残念。


合掌。



Date: 2016.05.08 Category: 冨田勲(&PSO)   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)