【今日は何の日?】 4月25日は 『銀座に1億円が落ちていた日』

【今日が記念日】
 ・しあわせニッコリ食で健康長寿の日
 ・小児がんゴールドリボンの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

トラック運転手が東京都は銀座で現金1億円入りの風呂敷包みを拾ったのは、1980年(昭和55年)のこの日のことでした。

拾った主は大貫さん。
ちゃんと拾得物として警察に届け出たことで、全国に報道されて“話題の人”になりました。
その当時の妬み・やっかみ・嫌がらせ・脅迫はすごかったようで、警備員を雇って自宅を警備したりまでしていたそうです。もちろん、仕事も変えざるをえず・・・

結局、この1億円は落とし主が名乗り出なかった為、6ヶ月を経過した11月に大貫さんの物となりました。ただ、このお金は“一時所得”にあたる為、約3分の1に所得税が掛かり、約3,400万円を納付したそうです。

既に大貫さんは故人となっていますが、拾っただけの個人の人生を変えてしまうお金の怖さ、そして、これを羨む人間の裏の顔の怖さなど、悪い面の“人間らしさ”が随所に出ていた事件でした。
怪しいお金だから持ち主が出てこないのだろうとは思いましたが、バブル期に向かう前の出来事として大変印象的なものでしたね。


スポンサーサイト
Date: 2018.04.25 Category: 今日は何の日?   

【今日は何の日?】 4月24日は 『宇宙に天文台が完成した日』

【今日が記念日】
 ・しぶしの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

ハッブル宇宙望遠鏡がスペースシャトル「ディスカバリー号」で打ち上げられたのは、1990年(平成2年)のこの日のことでした。

「ハッブル宇宙望遠鏡」は地上から約600km上空の地球を周回する軌道上にある宇宙望遠鏡です。
全長13.1m、重さ11トンの筒型をしており、その内側には反射望遠鏡を収められています。望遠鏡の精度を決める鏡の直径は2.4mもあり、まさに宇宙の天文台ということが出来る望遠鏡になります。



満を持して打ち上げられたハッブル望遠鏡でしたが、鏡の端が設計より2ミクロン歪んでいることがわかり、この問題を修正するためのソフトウェアが開発されたりしたものの、性能は60%程度にしかなりませんでした。

元々ハッブルの運用期間は当初は15年で設定され、その間にスペースシャトルから修理を受ける計画になっており、この修理に伴う船外活動のため、宇宙飛行士たちは大変な訓練を受けました。この訓練もあって修理は無事に成功し、その結果は当初の予定をも遥かに超える性能となります。現在に至っては、2009年5月の最後の大幅な修理で「今までで最高の性能」となっています。

この巨大望遠鏡の後継機は、スペースシャトルがなくなった今は違った意味でも関心がありますが、どうなるかは近々で情報が出てくるのでしょうね。


Date: 2018.04.24 Category: 今日は何の日?   

【今日は何の日?】 4月23日は 『1号ロケットは失敗だった日』

【今日が記念日】
 ・サン・ジョルディの日
 ・シジミの日
 ・消防車の日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

ソビエト連邦およびロシア連邦の有人宇宙船:「ソユーズ」。
その1号ロケットが打ち上げられたのは1967年(昭和42年)のこの日になります。
しかし、その計画は失敗に終わります。

宇宙船:ソユーズはソ連の「有人月旅行計画」のために作られました。当初から宇宙ステーションへの連絡に使用されていて、40年以上経た現在も現役で使用されています。
その大きさは、乗員は3人で、高さ:約7.5 m、直径:約2.7m、体積:約7m³と小型で、滞宙時間は宇宙ステーションにドッキングした状態で約6ヶ月使用できるという性能を持っているそうです。

しかし、その1号は失敗でした。

ソユーズ1号は午前3時35分に発射。宇宙飛行士はウラジーミル・コマロフ。
これは初めての有人宇宙船の夜間打上げでした。当初の計画は、1号打上げの翌日に2機目を打上げ、乗員が船外活動を行なって1号に乗り移って帰還するというものでした。

しかし、ソユーズ1号は2枚の太陽電池パネルを開く予定が1枚の展開に失敗。これにより宇宙船が電力不足に陥ってしまいます。更に飛行の13周目には、姿勢検知装置の異常が原因で、宇宙船の自動安定化システムも完全に機能を喪失してしまいます。
コマロフからのこの報告を受けて、飛行管制責任者は計画を中止し、大気圏再突入の準備を始めます。
無事の帰還は不可能と思われたコマロフは、危機的な状況の中でも冷静さを保ち、呼ばれていた妻に別れを告げたそうです。

帰還用の宇宙船は逆噴射ロケットにより地球の周回軌道から離脱したものの、コマロフは制御がほとんどできず、機体にいくつか付いていたパラシュートも全て開かなかった為、ほとんど減速することなく時速:約145kmで地上に激突、炎上します。コマロフは衝突で既に死亡しており、最初の飛行中の事故による死者となりました。

しかし、この事故により、ソユーズは様々な改良が徹底して加えられていきます。
現在の評価は「現役の有人宇宙船としては最も安全で経済的」と大変高いものになっており、既に30年以上に渡って死亡事故も起きていません。既に基本設計は古いものになりましたが、その反面で改善が極限まで進んでいるため、その性能信頼性は高いものになっています。


Date: 2018.04.23 Category: 今日は何の日?   

【今日は何の日?】 4月22日は 『SHINKANSENが世界にお披露目された日』

【今日が記念日】
 ・地球の日(アースデー)
 ・ミス日本の日
 ・カーペンターズの日
 ・ダイヤモンド原石の日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

アメリカ史上最大の万博と言われる『ニューヨーク世界博覧会』が開幕したのは、1964年(昭和39年)のこの日になります。
1965年(昭和40年)10月17日までの1年半の会期で、その参加国は約60か国。

1939年に行われた1回目のニューヨーク万国博覧会と同じマンハッタン近郊のフラッシング・メドウズ・パークで開催されましたが、会期が6か月以上に設定されているなど、国際博覧会条約の規定・基準と合わない点があったこともあり、国際博覧会事務局の未公認の万国博覧会となりました。

日本は、1号館にはJETRO、2号館には社団法人ニューヨーク世界博覧会協力会、3号館には「HOUSE OF JAPAN」というレストランが出展しました。このレストランでは、ステージで毎日ショーが披露されたそうです。そのおもてなしのため、接客にあたる職員が数百人も日本から派遣されたそうです。

日本の展示の目玉は、開業目前の「新幹線」の実物大モックアップ(模型)でした。
いま、高速鉄道システムの輸出ビジネスとして注目されている「新幹線」ですが、その安全と安心の歴史が始まる5ヶ月前には世界へ向けて紹介していた訳で、この鉄道システムに対する日本の自信というものが垣間見えますね。

50年以上前のこの博覧会はアメリカの大企業が中心の出展になったのですが、その展示品が20年ほど前まで実際の商業ベースで使われていたものもあるようですね。例えば「ユニセフ館」に設けられたディズニー製作の『イッツ・ア・スモールワールド』は、博覧会の後にカリフォルニアのディズニーランドに移築され、1990年代後半まで運営されていたのだそうですよ。


Date: 2018.04.22 Category: 今日は何の日?   

【今日は何の日?】 4月21日は 『見えにくい戦闘機がお披露目された日』

【今日が記念日】
 ・民放の日(放送広告の日)
 ・川根茶の日
 ・錦通り・ニッキーの日
 ・オーベルジュの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

世界初の実用的なステルス機であるアメリカ空軍のF-117対地攻撃機が一般公開されたのは、1990年(平成元年)のこの日のことでした。

この攻撃機が初飛行を行なったのは1981年(昭和56年)で、その高い秘匿性からアメリカ政府が存在を6年以上認めなかった飛行機で、その結果がこの就役から約9年後の一般公開となった訳です。当然、その時点では更に新しい飛行機が出来ていたから「一般公開」にステータスが変わったのでしょうが。。。

この攻撃機はレーダーから発見されにくくする為、様々な平面による独特の機体をしています。それはごく至近距離以外では、当時の米軍のレーダー哨戒機でも捕捉が出来なかったというほどの高い水準の技術を身にまとっていました。主に夜間の作戦で使用される機体で、その塗装も真っ黒だったことから「ナイトホーク」という愛称で呼ばれていました。



実戦配備は1983年(昭和58年)からスタート。
1990年(平成2年)までに全59機が配備されましたが、更に高いステルス性を持つF-22、B-2の配備やF-117の維持コストが高くつくことから2008年(平成20年)には全機が退役します。実戦使用の記録は湾岸戦争などに記録が残ります。

退役後はアリゾナ州の実験場で保管されているそうですが、必要が生じれば復帰する可能性もあるそうです。

その特徴的なデザインもあって、“ステルス”といえば、今でもこの飛行機を連想してしまいますね。


Date: 2018.04.21 Category: 今日は何の日?   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)