【欧州型】 #42 (VSOE) ARNOLD  HN4106-1

こちらは「ベニス-シンプロン・オリエント・エクスプレス」(VSOE)の車両セットとして、2012年にARNOLDから発売されたものになります。

この模型セットでは、フレッシュドール型プルマン車を改造した「厨房無し」のタイプが組み込まれていますが、実際のVSOEにはこのタイプのプルマン食堂車はありません。そういう意味でも「雰囲気」を出せればよいのかと思います。

オリエント急行(VSOE) プルマン食堂車 4032D

ARNOLD HN4106-1

この模型セットは若干ネガティブなところがあるようです。
車輪の滑りがあまり良くないようで、これはネット上でも指摘が上がっていましたね。

ただ、2012年発売セットで少しだけ手が入っていて好感を持ったのは、台車のR部を白く髭状に塗装しているとこでしょうか。


スポンサーサイト
Date: 2014.02.28 Category: 欧州型鉄道模型   

【欧州型】 #41 (CIWL) ARNOLD  3905

今日の車両は元はフレッシュドール型プルマン車で、後に食堂車の改造して使用された車両になります。

ワゴン・リ(CIWL) プルマン食堂車 4010DE

ARNOLD 3905

アイボリーと濃紺の車両がVSOEの編成を組もうと思うとあと1両足りないので、どのみち「正確なモデル」が出ていないこともあり、この車両を組み入れて「なんちゃって」編成にしようかと思っています。

ワゴン・リ(CIWL)としての紹介は今日までです。
明日からは同じタイプですが、“VSOE仕様”として発売されている車両をご紹介していきます。


Date: 2014.02.27 Category: 欧州型鉄道模型   

【欧州型】 #40 (CIWL) ARNOLD  3845

今日ご紹介するのは、実は昨日と同じ車両です。メーカーがARNOLD社に変わります。
これはRIVAROSSIが90年代以降の企業買収の攻勢をかけた中でドイツのARNOLD社を買収し、このNゲージ規格のブランドをARNOLDへ移していったためです。その為、現在のこのワゴン・リ系のNゲージの模型生産は全てARNOLDブランドで発売されています。(RIVAROSSIはHOゲージのみ)
つまり、昨日の製品の金型をARNOLDがRIVAROSSIから引継ぎ、手を加えたうえで新たに発売したものです。ですから、車番は同じ「3532A」となっています。

ワゴン・リ(CIWL) LX寝台車 3532A

ARNOLD 3845

「3532A」としてはこのタイプが最新のようですが、同じLX寝台車という点で見れば2012年に新しい型番で“VSOE仕様”の車両を発売していますので、世代的には1つ前の製品ということになろうかと思います。


Date: 2014.02.26 Category: 欧州型鉄道模型   

【欧州型】 #39 (CIWL) RIVAROSSI  9554  〔Classics〕

NIOEやVSOEの車両群もその多くはこのワゴン・リ(フランス)所属として生まれました。
1:160のNゲージ企画でも模型化されて既に30年ほど経過しますが、今も変わらず人気です。
その最古参のイタリアの模型メーカーであるRIVAROSSIのLX寝台車になります。

さすがに、そもそもの印刷精度もあって、ロゴには若干薄れが出てきています。
(これから70年代~80年代の車両には“Classics”を付けておきたいと思います。)

ワゴン・リ(CIWL) LX寝台車 3532A

RIVAROSSI 9554

特徴的なのは、この白く塗られた屋根です。
現在も走るVSOEもすべて白屋根になっていて、「濃い紺色の車体」で「アイボリーの帯色や、金字のロゴ類」を際立たせて“品を高めてくれる色合い”になっています。VSOEの車両群を忠実に模型化したものはないので、ひとまずワゴン・リの車両を集めたうえで“正確さ”に妥協できれば、ある程度VSOE「っぽい」編成を組むことは出来ますよ。

RIVAROSSIの商品は現在もオークションサイトでは高値で取引されています。国内ではざっくり¥4,500~5,000くらいが相場でしょうか。海外オークションではもう少し安く落札できますが、輸入費用を薄めるには他の商品と相当数まとめて移送しないと国内より高くつくことになってしまいますね。


Date: 2014.02.25 Category: 欧州型鉄道模型   

【欧州型】 #38 (NIOE) ARNOLD  3911

NIOEの最後は、KATO製の「オリエント急行'88」に入らなかった車両の紹介です。
こちらは海を渡って山口県の下松にある日立製作所の工場まで来ながら、車両規格の関係で国内走行をしなかった車両です。

オリエント急行(NIOE) シャワー車 4013  51 88 09-70 013-2

ARNOLD 3911

こちらは1926年(昭和元年)製のフレッシュ・ドール型の元プルマン車ですが、1967年(昭和42年)に改造されたものです。このカラーの客車が編成中に1両しか入らなかったのは残念でした。


Date: 2014.02.24 Category: 欧州型鉄道模型   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)