【谷山浩子:今日の1曲】 ・・・番外編!  『谷山浩子 ひとりでオールリクエスト 180分』 @渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

2/27(土)に行なわれた今年1本目のコンサート。
参加したのですが、何しろ本業が忙しく、なかなかリポートが書けずにおりました。
仕事の忙しさにかまけてこの1年はコーナーテーマの本編が進まず、このブログに遊びに来て下さる方々に申し訳ないところです。それでもコンサートに行く日だけは捻り出しているので、結果としてもっぱら“番外編”ばかりに・・・でも、3月末で忙しさも解消されると思うので、これから状況を改善していきたいと思います。

そんなこんなの近況ですが、今年も始まった谷山浩子さんのコンサート。
今年の浩子さんは記念Year!
いろいろなイベントが企画されているのかな?と思っていました。
そんなところに年明けのコンサートの1本目がオールリクエスト。しかも180分!という長時間。それも花粉症の時期に・・・というので、発表された時には少々驚きしましたが、すぐに「これは何かの発表をする為にも使われるのでは?」と思っていました。そのあたりの期待は裏切られることがなかったので、それは追々。。。

本日の会場は渋谷。
「渋谷区文化総合センター大和田」にある「さくらホール」です。
この文化総合センターは渋谷駅から国道246号線を超えた桜丘にあります。ちょうどセルリアンタワー東急ホテルの裏手で、オフィスとレジデンスの複合高層ビルである「渋谷インフォスタワー」との間にある、プラネタリウムや保育園も備えた大型の公共施設です。道すがら、「飯島愛さんはこの中の住まいで亡くなっていたんだったな」と思いつつ、ホールに足を進めました。

渋谷区文化総合センター大和田

建物に入ると様々な催しで施設を訪れる方々でかなり混雑していました。「さくらホール」は4階ということなのでエスカレーターで上がります。
到着したのが開場10分前でしたが、既に入場待ちのお客さんで大変な混雑。
さくらホール ロビー

窓際に並んでいる会場待ちの行列は階段の方へ誘導されていて、3階を過ぎて更に下まで伸びていました。この写真の後、17時の開場の頃にはフロアは更にお客さんでごった返すことになります。

今回は2階やバルコニー席もあるホールで、浩子さんが行なうコンサートの会場としては大きな方になりますね。しかも、渋谷ということもあり女性客も大変多かったです。中には揃ってトキ色のお着物という春っぽい装いで来られた20代後半と思われる2人連れなど、楽しいイベントらしい雰囲気が会場には流れていましたよ。また、「学割」があったので学生さんも比較的多くいた印象もありました。
そんな様々な客層で彩られたホールですが、私の席はこの日も一番左端:1番。列も入口から少し階段を上がった中段の後方14列目。昨年秋の猫森集会以降、どうも端の席に当たることが多いのですが、今年もどうもその流れがなかなか変わりません。(実は次回の鎌倉:大船も端なんです。)

この日は当日券のバルコニー席も盛況でしっかりお客さんが入っていました。全体にお客さんが入ったところでちょうどスタート時間に。オールリクエストで使う抽選箱も抱えて浩子さんが登場です。

この日の浩子さんの衣装はライトグレーのワンピース。裾まわりに大きな花柄があしらわれ、正面を見た時に花柄が左下の裾から胸にかけて続いているというデザインです。ピアノに向かう時に正面になる右側の髪には髪飾りがキラキラと光ります。そして、黒ブーツ。そんな出で立ちです。

冒頭は、今回のオールリクエストの趣旨説明です。
180分ひとりでやると言いつつも
『休憩があるので、若干サギ?!』
『以前聞いた話で、或るお寿司屋さんで“食べ放題”をやっているんだけど、まず太巻きを1本食べてから食べ放題、というのがありました。』
など面白いお話をしながら早速始める準備に入ります。

抽選は、登場時に持ってきた箱の中にチケットの半券が入っていて、ここから浩子さんが1枚引くことでリクエストの当選者が決まるという、いつものスタイル。
今回も当たった方の栄誉を讃えるべく(笑)、座席番号とともにリポートしますね。

まず最初の方。

#1 1階-13列-9番 男性  『船』

舞台袖に控えているマネージャーのゆかりんが、ファイルから抜いてきた歌詞カードを舞台上の浩子さんへ渡しに出てきます。ゆかりんは細いボーダーというラフな格好です。
静かな曲からのスタートなので、会場も落ち着いた雰囲気になりました。

次は2曲を選びます。
#2 2階-2列-25番 女性  『空の駅』
#3 1階-14列-13番 女性  『恋人の種』


浩子さんが「1階の14列・・・」と言った時、“来たか?!”と思いましたが、残念。
同じ列の中央付近の方が当たりました。
浩子さんから見ると、客席の中央に見えるらしく
『ちょうど真ん中に座っている方ですね。』
という発言もありました。

3番目に当たったのは2階の女性。2階にも早速当たりました。
リクエスト曲を聴くなり、浩子さんが
『ツイッターで「恋人の種を聴きたい」って言った方ですか?』
と尋ねました。結果的に違ったのですが
『この会場の中にもう1人この曲を聴きたいと思っていた方がいるってことですね。』

2曲のリクエストを聞いて、浩子さんが曲順を逆にして弾きました。実は、この2曲はコンサートでは演る機会が少ないそうです。

次にまた2曲の抽選です。
#4 1階-11列-5番 女性  『はじまりの丘』
#5 1階-7列-9番 女性  『森へおいで』 (“自粛”Ver.) 


4番目に当たった方は「森へおいで」をリクエスト。
『どっちの?』
と浩子さんが尋ねます。この作品、「今日の1曲」の本編でもご紹介した通り、ある社会的大事件の発生と重なった為、アルバム収録された際に歌詞を変更した作品です。
お客さんが「“迎えに行く”方で。」と言うと、浩子さんも軽く経緯に触れて
『オリジナルはアルバム:Memoriesで聴けます。今日は“自粛Ver.”を。』
ということになりました。

5番目に当たった方は、「はじまりの丘」を選んだのですが、その時に浩子さんが
『さっきリハーサルでこの曲を練習したんです。その時は・・・・かなり失敗しました。』
ここでも曲の雰囲気から順番は逆にして演奏しました。
でも、失敗することなく、今日はリクエスト曲に大変順調に応えられています。

次は3人分の抽選です。
2階から当たりが出ないので、浩子さんもちょっと狙ってくじ引きし始めます。
#6 1階-13列-25番 男性  『ほうき星の歌』
#7 1階-13列-29番 女性  『不眠の力』
#8 1階-15列-6番 男性  『銀河通信』


結果的に、また全員1階席の方たちでした。
6曲目の「ほうき星の歌」は、My favolite Songのシングル:「たんぽぽ」のB面曲ですが、元はコンサートの中でやっていた小さな劇のオープニング曲として書いたものだそうです。これは初めて知りました。

次のリクエスト抽選は再び2曲に。
#9 1階-7列-12番 男性  『サーカス』
#10 1階-2列-8番 男性  『MOON GATE』


『サーカスは、アイドルだった石川ひとみさんが大人の歌のシングルを出す為に提供した作品で、ドロドロ系ですね。』
「MOON GATE」は、ピアノの弾き語りのアルバム:『タマで弾き語り』に収録されています。この紹介のお話しの中でRPGの『ウルティマ』の話題になり、そのBGMを浩子さんがピアノで弾いて遊んでいました。 (皆さんにその良さを啓蒙すべく、というところでしょう。)

#11 1階-15列-12番 男性  『見えない小鳥』

『この作品は、「久しぶりにフォークを作ろう!」と思って作った作品です。』
確かにアルバムVer.はフォークソングの王道を行くメロディー&アレンジですし、この弾き語りVer.もフォークらしさがいっぱいです。

ここで第1部が終了。15分間の休憩です。
大きなホールで人数が多い為か、お手洗い時間を長めに取っているようです。

後半も早速リクエスト抽選から。
#12 1階-18列-18番 男性  『気づかれてはいけない』

いよいよこのあたりから難しい作品がリクエストされてきます。
『好きで選んだ? それとも失敗しそうなのを選んだ?』
と浩子さん。もちろん、その方は聴きたいからリクエストしたんでしょうが、お客さんにこんな質問をして場が盛り上がります。
しかし面白いもので、そういうことを気にしていると“事件”は訪れるもの。途中で間違って演奏が停まってしまいました。
『eマイナーだった。。。。』
気を取り直して演奏しきった浩子さんでした。

次は2人の当選者を決めます。
#13 1階-15列-22番 男性  『青色帽子ツアー』
#14 1階-2列-21番 女性  『岸を離れる日』


オールリクエストに関してツイッターで「これだけ多くの作品があるのに、よく覚えていられますね?」と質問されたことに触れて、
『曲は覚えていられるのですが、歌詞は歌詞カードがないと無理です。でも、50周年の頃にはどれだけ抜けるか?』

さて、次も2曲分の抽選になりました。
#15 1階-14列-27番 女性  『ねこの森には帰れない』
#16 1階-8列-8番 女性  『手品師の心臓』


ここでは作詞のキッカケとなった飼い猫の話になりました。
当時飼っていた猫の名前は「ユイ」。
あの小室等さんの娘さん(現在は歌手)の名前にちなんで付けたのだそうです。

次は、3曲のリクエスト抽選に。抽選箱から浩子さんが中を探ります。
#17 1階-2列-12番 女性  『たんぽぽ』
#18 1階-15列-15番 女性  『満月ポトフ』
#19 1階-7列-2番 女性  『ポプラポプラ』


3人分の抽選が終わったところで、会場のマイクから声が飛びます。
「まず、曲順を決めてください!」
『いまの誰?』と浩子さん。
「黒川です。」
とプロデューサーからの業務連絡でした。そして決まった曲順がこれでした。

リクエストされた『たんぽぽ』
昨年秋の猫森集会の私が当選した時と同様、やはり今回も
『食べない方の?』
と浩子さんからの確認がありました。

『ポプラポプラ』は、森山良子さんの提供曲です。
「ピアノのソナチネみたいな」という要望に応えて作ったものなのだそうです。
そんなリクエスト曲の選択で盛り上がった後、演奏になりました。

このあたりで時間的にも中盤が終わるくらいの時間に。
『飽きてない?』と心配する浩子さん。
ここでまた3人の当選者を決めます。

#20 2階-3列-2番 男性  『扉をたたいて』
#21 1階-18列-6番 女性  『まもるくん』
#22 1階-12列-4番 女性  『キャンディーヌ』
 

3番目にようやく2階の方が当選。会場でも拍手が出て、浩子さんも一安心。
そこでリクエストされたのが「扉をたたいて」
NHKで浩子さんの小説「サヨナラおもちゃ箱」をラジオドラマにした際に書いた作品だそう。
音源化されていない作品なので、私は初めて聴きました。
ゆかりんが持ってきた歌詞カードを見ると、やはり『キーすら書いていない!』と。
浩子さんも当時の記憶を辿り
『bフラット? eフラット? ・・・eフラットで行ってみます。』
作品は、浩子さんの言うとおり明るい広がりのあるもので、この日のちょっと暖かな雰囲気にも合ったような感じがしました。
でも、ご本人としては物足りなかったのか
『変な扉を叩いちゃった・・・・』
と演奏後に言っていました。

次もまた3人分のくじびきです。
#23 1階-3列-10番 女性  『KIRARA』
#24 1階-4列-7番 男性  『冷たい水の中をきみと歩いていく』
#25 1階-17列-17番 女性  『風になれ~みどりのために~』


3番目に当たった方が選んだ作品が1番目になったのですが、この「KIRARA」は志村香さんに提供した作品で、自分自身ではほとんど唄ったことがないというもの。もちろん私も初めてです。
これも歌詞カードにはキーは書いてなく、
『dマイナーにしよっ!』
と決めて唄います。
唄い終わったところで、浩子さんが歌詞の中身につぶやきます。
『イヤな予感がするね。自分の娘なら監禁する。相手の男、絶対ろくでなし!』
と、会場の笑いを誘います。

1番目に当たって3番目に演奏した「風になれ~みどりのために~」は、オールナイトニッポンでタイトルを募集した作品ですが、そのキッカケが
『「風になれ」が元の題名でしたが、当時のプロデューサーに「弱い」と言われ・・・』
ということなのだそうです。
この3曲目が終わったところで、突然、浩子さんが退場。
それもコンサートの終わりのように・・・・皆さん、呆気にとられます。

アンコールの拍手で、浩子さんが再登場。
『1曲目を弾いたところで時計を見たら、このまま3曲弾くと時間を過ぎちゃうなぁと思ったんだけど、唄っちゃいました。』

まずは、お知らせ。
ここで8/29、浩子さんの誕生日にコンサートを行なう発表がありました。
その名も 『谷山浩子 猫森集会Unlimited ~還暦記念Birthday Party~』
場所は品川プリンスホテルのクラブeXだそうです。
ここは円形のステージが出来るので、これは楽しみです。
ファンクラブの会員は記念品ももらえるらしいです。

さて、大発表の後は、アンコール曲もリクエスト抽選で。
ここで2階の方が当たります。
#En 2階-2列-8番 女性  『時計館の殺人』

当選した女性は、オールリクエストのアンコールで当選したことが2度目という幸運の持ち主です。ご本人もビックリしながら考えた結果、リクエストしたのがこの作品です。作家の綾辻行人さんが作詞をした作品ですが、このタイトルを背負う作品が最後の曲になることは通常のコンサートではまずないでしょうから、いかにもオールリクエストらしい締め方になりました。

アンコールが終わったら、今度は逆に浩子さんが退場しようとしません。
そして周囲をキョロキョロと・・・・
すると、黒川さんがマイクで「ファンクラブの会報の記念撮影をしたいので、絶対に写りたいという方は残って頂けますか?」とアナウンス。黒川さん、お茶目でイイ味出してます。「どうしようかなぁ」と思っていたファンクラブの入会、これで心が決まってしまいました。(笑)
初めての180分弾き語りオールリクエストも本当に楽しい時間となりました。


さて、今年の『弾き語りコンサート』は、来週・再来週の開催です。
4月2日 鎌倉芸術館 小ホール (@大船)
4月9日 府中グリーンプラザけやきホール
これらもまた(早めに)レポートしますね!!


スポンサーサイト
Date: 2016.03.26 Category: コンサート   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)