【谷山浩子:Album】  『翼』



アルバム 2002年4月17日発売

前作となった年代別ベストアルバム:「'90s」が発売される直前の2001年9月11日に起きた世界同時多発テロ事件は世界中の人々を恐怖に陥れました。いわゆる「9.11」ですが、あの瞬間は自宅でテレビでニュースを見ながら、フランスにいる知人とメールをしていました。
最初は飛行機事故かと思っていたら、2機目がWTCへ突っ込んでいく生映像が映り、
 『これは事故じゃない。』
とすぐに思い、知人に 『仕事中でもテレビを点けて!』 とメールしたのを覚えています。
しばらくしてフランスから 『「すぐに軍が出動して、すべての原子力発電所に防衛用のミサイルが配備された」というニュースが流れた』 というメールをもらって、日本との危機意識の違いを痛感したものです。

さて、このアルバム。
ふだんは社会派の作品は全く書かない浩子さんが、この影響もあってこのアルバムには重たいテーマを持ってきました。
冒頭の「学びの雨」は、現在も絶えない人間の争いの歴史の中にいる人々が、それでも希望を失わない前向きな想いが唄われています。
そして、「ゆりかごの歌」。
浩子さんが、言葉の持つ本当の意味で『殺す』という言葉を初めて使った作品です。

こういう重いテーマが内在されたアルバムだからか、“みんなが出来るだけ前向きになれるように”という想いもあって、この国が大きく成長していった1960年代~70年代前半にあったようなフォークソングがいくつも収録されたアルバムになっています。「星より遠い」や「カタツムリを追いかけて」は聴いていて安心感というか、ホッとするものがありますね。
尚、「星より遠い」は沢田聖子さんへの提供曲。また、「パタパタ」は岩男潤子さんの作詞で、彼女へ提供された作品になります。

アルバムタイトルは、この頃多かった1曲目の中のフレーズから抽出されたものですね。
そんな激しく動いた時代の影響を受けたアルバムに収録された10曲を、これから順に取り上げていきますね。


スポンサーサイト
Date: 2018.05.30 Category: 谷山浩子   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)