【谷山浩子:今日の1曲】 ・・・番外編!  『谷山浩子・猫森集会2015』 Bプログラム(2日目) ~潤子と浩子の恩返しピヨ!~ @新宿:全労済ホール/スペース・ゼロ

猫森集会2015のコンサートレポートの2回目です。
9/23(祝)、「Bプログラム」の2本目、歌手・声優の岩男潤子さんがゲストの日でした。

ご存知の方もいると思いますが、人気声優でもある岩男潤子さんは昨年から喉の調子を悪くされて、一時は声は出ない、咳が止まらないということで、しばらく休業を余儀なくされていました。治療の甲斐あって彼女が少しずつお仕事を再開する中でのゲスト参加ということで、違った意味でも関心が集まっていました。
そんなこともあってか、この日のチケットは満員完売。
いつもとは若干違う客層になっていた感じも受けました。

定刻の17時半にコンサートはスタートです。

浩子さんが登場。
この日はワンピースではなく、ワイン色のブラウス、白地に紺色の大柄なチェック模様のスカート、黒のジャケットという衣装でした。

#1 カントリーガール  (※フルバージョン)

前奏の前にサビを1回唄ってから入って、更にCD時代になって元からあった4番を入れたフルバージョン。浩子さんも
『コンサートで初めて演ったと思います。』
ということで貴重な機会を得たようです。

最初のMCでは、4日目ということもあり、今回の変則Bプログラムについての解説と、前日の声優・タレントの豊崎愛生さんの時の話から始まりました。
で、かなり話し込んだところで、石井AQさんの紹介を忘れていたことに気付き、話の脈絡に関係なく、ご紹介!

『潤子ちゃんが出てくると“白くなる”ので、その前にそこそこ黒いのを3曲。いや、濃い紫? 「それ、食べるんですか?シリーズ」でもある曲ということで・・・』

#2 ダイエット
#3 てんぷら☆さんらいず
#4 手品師の心臓


『名前が出てこない』という、私にももはや身近な、身につまされるお話に。
浩子さんはジョニー・デップが苦手とのこと。
『チャリチョコとか大好きなんですよ。なのに、どうしても「マイケル」という名前が出てくる・・・』

『最近LINEを始めた。LINEのスタンプを作ったのに、自分がやっていないのはどうかと思って、アカウントを作りました。いまフォローしているのは天気と近所の美容室・首相官邸・毎日英会話・マネージャーくらいなので、全然おもしろくないです。毎日英会話は最近ウザくなっています。』
・・・と話したところで、AQさんから突っ込みが入ります。
「しっとりした曲の前にくっだらない話しするなぁ。」
浩子さん、凹む。。。。
ピアノに移動しながら、あべ静江さんの「みずいろの手紙」を何故か独り言のように口ずさむ浩子さん。思わず笑ってしまいました。


#5 きみの時計がここにあるよ
#6 鳥籠姫


潤子ちゃんをお迎えする前に彼女のために書いた曲を、ということで斎藤ネコさんがアレンジした作品を選んだとのこと。
潤子さんのプロデュースをしたネコがさんアレンジのイメージが思い着かなかったらしく、浩子さんに電話がかかってきた時に
『中央アジアぽい・・・中島みゆきさんの派手なのみたいな』
と言ったら、ネコさんが
『見えた!』
といって出来上がったという岩男潤子さんVer.。それを浩子さんが歌いました。


ここでようやく本日のゲスト:岩男潤子さんが登場。
9か月ぶりの歌のステージなのだそうです。
紺色ぽいドレスに、首元のところにグレーのアクセントが入ったような衣装。
髪型は軽めのカールを掛けた髪をポニーテール風にまとめたような感じ、とでも言ったらよいのでしょうか。

このときの観客の拍手は、みんな優しかったですね。
まずは全部の方向のお客様に深々とご挨拶していました。
緊張がよく伝わってくる自己紹介でした。
さぞや、この日にたどり着くまでに様々な不安を乗り越えてきたのだろうと、勝手ながら思って見ていました。

私は左の入口脇に座っていたのですが、彼女が登場したのにあわせて、大柄な男性を先頭に数人の方が入口通路に入ってきました。その雰囲気が大変心配そうな気配をしていたので、すぐに潤子さんのスタッフの方たちだなと察しました。終演後に気づきましたが、今年の「みんなのうた」で流れた「ピヨの恩返し」のプロデューサーの川村竜さんだったんですね。この後のステージを最後まで脇で見ていました。

#7 ねこ曜日

潤子さんがステージのセンターで唄います。きれいな声に驚く間もなく、とても喉を傷めたとは思えないほどよく声が伸びて出ていました。いや、本当に美しい歌声だなと思いました。

唄い終わっての感想が
『気持ちよかった~!』
『初めてこんなに無理せず声が出ました。』
と、不安をまた1つ乗り越えたことを実感したことがわかる彼女のコメントに、さぞ辛かったんだろうなと心境が垣間見れました。

さて、浩子さんと趣味の話で、「カメラ」をテーマにひと盛り上がり!
思わず浩子さんの“要らない突っ込み”がさく裂します。
『10代の頃、一眼レフカメラで撮ってました。フィルムの頃です。デジタルになってやめました。』という潤子さん。
そこに浩子さんが
『すんごい昔・・・ あっ、すごい昔じゃないです』
(やらかしてます。)
『Niconの一眼レフがいいと思ったけど、女の子はEOS-kissを持っているとモテると聞いたので、EOSを買った』という潤子さん。
浩子さんからここでもヲタクな突っ込み。
『Niconを持ってる人は、Nicon以外はカメラじゃないと思っている。』
『「やっぱりカメラはフィルムカメラだよ」って言うのは結構“地雷”かも。めんどくさいヒトかもしんない。』
・・・NiconのF3を長年使っている私。そんな風に見られているのかな、とわが身を振り返る。。。


この後の2曲続けての歌に入る直前、AQさんが潤子さんに
『2曲目に入る時、ちゃんと合図出しますよ』
と声を掛けているのが聞こえました。
出来るだけリハーサルも抑えて、声を出すのをセーブしていたんでしょうね。


#8 ここにいるよ (作詞:谷山浩子、作曲:岩男潤子)
#9 翼になれ
 

「翼になれ」では、本当に喉のトラブルがあったのかと思わせるほどの、素晴らしくのびやかな声になり、聞いていてとにかく気持ちが良かったです。

「ここにいるよ」は潤子さんと浩子さんの合作ですね。
しかも浩子さんが往路の中央線の電車内で歌詞を書いていて、スタジオについてから仕上げた歌が、この歌なのだそうです。
そこから、浩子さんも参加した河口湖での合宿レコーディングの話に。潤子さんがすごく楽しかったとはしゃいでいた様子を浩子さんも思い出して、ひと盛り上がり。

実は、この日の一番のメインは、振り返ってみると次の歌だったのかもしれません。
前振りで浩子さんがお客様に
『聴きましたが、本当に良いです。』
すると、潤子さんが
『え~っ、プレッシャー。。。』
それを聞いて浩子さん
『良くないです。(笑)』

#10 わたしを殺さないで

なるほど、浩子さんが言った意味がよくわかりました。
聞き手が本当に圧倒されるほどの、唄いっぷり。
色気もすごくて・・・その世界観に引き込まれてしまいました。

終わるや、浩子さん
『すごく良いので、この歌はあげる!』

『この歌、難しいから自分ではあまり歌わないの。こんなにうまく唄ってくれるなら未練ない。明日から「自分の歌です。」って言っていいからね。』
すんごいご褒美です。浩子さんのこの心配り、素敵です。
潤子さんは、誰かの役になりきることで、この歌の最後の「愛して」が言えるようになったのだとか。
浩子さんも『女優だ!』と感心しきり。

次の2曲は、最近発売された浩子さんのエッセイ集:「真夜中の図書館」から、潤子さん:朗読、浩子さん:歌という形式で。

#11 ちいさい秋みつけた
#12 雨の遊園地


この朗読も大変良かったです。
ゆったりと流れる時間がとても贅沢に感じられるような、そんな語り口でした。

ここで「かわいい系」の2曲をふたりで唄うということで

#13 クルル・カリル
#14 落ちてきた少年


「落ちてきた少年」はショートバージョンで、幻想図書館のお芝居の時に使ったVer.とのこと。

そして、ここでいよいよ、NHKの「みんなのうた」で2月・3月に放映された「ピヨの恩返し」。
これを生で聴きたかったのです!
潤子さんから
『9月26日にEテレで再放送があるので、見てください。』
との告知。

浩子さんから
『「なんでこんなアレンジにしたんだ!」っていう川村竜さんのアレンジで今日は唄います。』

#15 ピヨの恩返し

いやぁ、良かったです。2人のコラボVer.!
掛け値なしで、本当に良かった。

しかし、この歌が終わった時、私はステージを見ていませんでした。
川村竜さんをはじめとした潤子さんスタッフの皆さんの姿です。
この歌が終わった瞬間、彼らの緊張がホッと解けたのが手に取るようにわかりましたし、安心感も伝わってきました。
ステージから壁側に目を反らし、下を向いて背中で大きく深呼吸する背中がありました。
それが開場時にCD販売をしていた帽子をかぶった男性スタッフでした。
その光景を見ながら私にもジーンとくるものがありました。
彼らがこの瞬間をどんなに待ち望んでいたのかということが感じられました。

そして、最後の曲

#16 お昼寝宮お散歩宮


アンコールの拍手に迎えられて、3人で再登場。
浩子さんから
『潤ちゃんの復活祭が出来ました!』

潤子さんは
『浩子さんをお迎えするコンサートも中止にしてしまい、トークショーにも変えることが出来ず、声が出ない為にダメにしてしまい、本当に多くの皆さまにご迷惑を掛けてしまいました。』
と最後まで丁寧にお詫びを述べていました。
『猫森集会のゲストに呼んで頂いて、この日を目標にしてやってきました。本当にありがとうございます。』
お客さんから惜しみない拍手。。。
『治療をしながらリハビリじゃないですけれど、ミニアルバムを作りました。今日は持ってきています。ハウスやクラブ系のものですが、いま声が出せるキーに合わせて作って頂いたもので、よかったら聞いてください。この後、ロビーのCD販売のところに行きますので。』
すると、浩子さんが
『あまりしゃべらせないであげて』
と観客の皆さんにお願い。
『話すのって、意外に喉に負担がかかるものなので、声を出さないようにね。』

そして、浩子さんからはグッズ紹介。
そこで潤子さんが合いの手をいれると、
『なんかテレビの通信販売みたいだね。』
『むかし、番組のアシスタントをやったことがあるんです。青汁を飲みました。』
という潤子さん・・・いろいろなお仕事されてたんですね。

お礼の歌は、音楽劇:「幻想図書館」のために作った曲を潤子さんとふたりで歌います。

#アンコール ウサギ穴

唄い終わって、潤子さんは最後まで四方のお客さんに深々と頭を下げて退場していきました。


コンサート終了後、潤子さんがロビーのCD販売ブースへ出てきました。
ステージが大変良かったので、聴いてみようかなと思い、購入の列に並ぶことに。
潤子さんの隣では川村竜さんがレジ係をしていました。
購入時に間近で潤子さんを見ましたが、まず驚いたのは「顔が小さい!」ってこと。
2才しか私と違わないんですが、このかわいさは反則(販促?!)です!
思わず、こちらの声が出ませんでした。。。

いつものようにアンケートを書いて、セットリストを撮って会場を後にしました。

◆セットリスト

猫森集会2015 Bプログラム2日目 セットリスト
(スマホのカメラで撮ったらブレていましたね。大失敗。。。)

===============================
家に帰る途中の車の中で、購入した潤子さんのCDを聴きました。
これが想像を超えて大変良かった!
そこで、このアルバムの簡単なレビューを次回書きたいと思います。


スポンサーサイト
Date: 2015.09.29 Category: コンサート   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)