【谷山浩子:今日の1曲】 ・・・番外編!  『ソロライブツアー2015』 @神戸酒心館

「参加する」と触れ込みながらリポートが年越しになってしまいましたが、この前の「鉄旅日記」の続きです。2015年11月28日の浩子さんの神戸でのソロライブのリポートです。

場所は、神戸酒心館という醸造酒の蔵元さんあるホール。
JR六甲道駅から模型屋さんと阪神石屋川車庫を経由してテクテクと歩いてきましたが、国道43号線の東明交差点まで来たところでホールがある海側へ歩道橋を渡ります。歩道橋に上がってみると、酒心館のすぐぞばであることがわかりました。

神戸酒心館①

とりあえず、敷地をぐるっと1周してみましたが、小さい酒蔵工場でした。
でも、歴史は古く、宝暦元年(1751年)創業。「福寿」という有名な清酒ブランドを持っています。
この灘エリアは、言わずと知れた日本酒の有名な醸造元がたくさんあるところですね。特に有名なのは、もはやブランド紹介の必要がない「菊正宗酒造」ですね。

この酒心館の入口はこんな感じです。

神戸酒心館②

中には和食のお食事処と、今回の会場、それと一般へ開放しているお土産も買えるような記念館があり、現在の工場への出入りは裏側にあります。
到着したのが16時半頃で、開場まで時間があったので記念館に入ってみました。
灘の酒造りの歴史を教える文化的なコーナーと、お土産コーナーが主な構成ですが、ここは呑兵衛さんには最高の待合いかもしれませんね。何しろワンコインで利き酒が楽しめるんです。それも酒蔵の方の解説を伺いながら嗜む感じで、端から見ていても楽しそうなコーナーです。また、お土産コーナーもなかなか奮っていまして、お酒に合う全国の珍味を酒蔵さんが選び、それを取り寄せて販売しています。ここで一式揃ってしまう訳ですね。
来ていた会場待ちのお客さんもお土産としていろいろと買っていましたが、「酒粕が入荷」という貼り紙もあったので、出来たての酒粕を買ったお客さんは多かったようです。私はここで酒粕を買う方は結構な呑兵衛だなと思いましたが。。。。

そんなこんなで会場に繋がる通路にも人が並び始めたので、会場の入口を確認しに行きました。すると、いつものようにコンサートの案内が出ていたのですが、今回は手書き!!

谷山浩子ソロコンサート2015@神戸酒心館

この写真を撮った後、通路を戻って記念館の入口に来たところで、ホールに向かうご婦人と若いお連れの方が何やら慌てている様子。“何かなぁ?”と思いつつすれ違い、私は再び記念館の中を見ていたところ、その方々も入ってきました。すると、私の隣で慌てた様子でどこかへ電話を掛けました。苗字を名乗られた瞬間にわかりました。
そのご婦人は「あまんきみこ」さんでした。
どうも周囲の皆さんはあまり気づかなかったようですね。
初期の浩子さんの作品でモチーフにした絵本の原作者のあまんさんがコンサートに遊びに来られていたのですが、関係者入口が見つからず、どこから楽屋に入ったらよいのかわからなかったようです。結局、皆さんが入る入口のところにスタッフ(たぶん浩子さんのマネージャーのゆかりん)が迎えにきたみたいでした。

そんな出来事がありながら、いよいよ開場の時間になりました。
チケットに書いてある整理番号順に入場したのですが、中は往時をしのぶに十分な古くて大きな梁をはじめ床まで木造で、温かい光に包まれた優しい雰囲気のホールです。「豊明蔵」という酒蔵だった建物を修復して多目的ホールにしたものなのだそうです。中に入って興味深かったのは、ホールのステージの反対側は1段上がって畳が敷いてあるエリアがあることでした。このコンサートは「自由席」なのでどの席に座っても良いのですが、“ここは何なのだろう?”と思っていたら、後になってわかりましたが、ここの座ってよいエリアだったようです。畳に座ってくつろいでコンサートを聴けるって最高ですよね。次回はここに陣取ってみたい気持ちになりました。
(ちなみに、あまんさんは右手後方の一番後の席に既に座っていました。)

もう1つ面白かったのが、このホールに置いてある装飾の入った古いピアノ。
それも黒ではなく、茶系の、木の色が伝わるような、そんなクラシックピアノ。
Steinwayと大きく側面に書かれているピアノは、譜面台も透ける形で彫刻が施されています。(文面でイメージさせるは難しいのですが、ちょうど欄間の彫刻みたいな感じです。和風の例えでスミマセン。)
どんな音を聴かせてくれるか大変楽しみです。

17時半になり、コンサートのスタート。
ステージ向かって右側にある衝立の向こうが楽屋(同じフロア上)なのですが、あたかも歌舞伎小屋のように、暖簾を分けて浩子さんが登場です。この日の衣装は、エンジと黒のブラウスに、チェックのフレアスカート、それに紺色のブレザー。猫森集会でも着た衣装と同じアレンジだと思います。髪型はストレートに戻ったかと思います。

#1 悲しみの時計少女

今夜のご挨拶では、久しぶりに
『お客さんには楽な気持ちで聴いてほしい。TVを視てるつもりで。』
のくだりがありました。
そして、この日のテーマの発表です。
『初めてのことをします。テーマを“言葉”でなく、“曲”でまとめました。』
『今日のテーマは、「3拍子」です!』
お客さんも「おーっ!」と唸ります。 ・・・企画で唸らせた浩子さんの勝ちです!

40年を超える作品の中から3拍子だけを抽出して、その中から選んだそうで、
『今日は緊張しています。その理由は・・・出す曲がみんな似てしまうのでは、と。』

早速の2曲です。
#2 すずかけ通り3丁目
#3 あやつり人形


なぜこの企画を起こそうかと思ったかのお話です。
『3拍子がわからない人に覚えてもらう為の企画です。』
ということで600曲余りある作品の中で
『3拍子の作品は37曲あり、思ったより少ないです。でも、ほとんどが短調で、長調の作品はその内の3曲』
なのだそうです。その1つを4曲目に。
#4 パタパタ
#5 カズオ君と不思議なオルゴール


5曲目はローリーさんと作った作品から選ばれました。ご自分でも良い作品とおっしゃてはいましたが、浩子さんの弾き語りVer.もとても良かったです。 浩子さんも
『3拍子が大好きで、放っておくとみんな3拍子になってしまう』
と話していましたが、コンサートでは癒し効果がタップリですね。ここまでの流れが気持ちよくて、思わず寝落ちしそうになりました。(笑)

いつもの通り、ここでリクエストコーナーです。今日はジャンケン勝負です。
今回は3拍子がテーマなので、3拍子でない作品を選べばこの後に演奏する作品とダブってドボンになることがないので、今日のリクエストはリスクが低いのですが、そうすると何故か代表曲がずらっと並びました。
浩子さんが決めた演奏順は・・・
#6 あかり
#7 向こう側の王国
#8 意味なしアリス
#9 MOON SONG


ここで休憩。
今回は天井に場内スピーカーが付いていないので、休憩中に流れる浩子さんの曲もステージ用のスピーカーから流れています。このスピーカーがタテ型の柱形状のスピーカーですが、ホールに柔らかく響く良い音をさせています。

そして第2部の始まり。
このパートはテーマとはずれ、今年の代表曲を弾くコーナーです。

#10 Puzzle
#11 ピヨの恩返し


今日のテーマの3拍子の作品に戻ります。

#12 SHADOWLESS

今井麻美さんへの提供曲ですが、
『彼女にコンサートに出てもらうよう依頼しているのですが、何故か応えてくれない。』
と、若干淋しい話題に。
フリートークでは、おなじみの今季のドラマについての話題になりましたが、これまた定番の朝ドラのお話に。現在放送中の「あさが来た」のAKB48が唄うテーマ曲を口ずさみはじめた浩子さん。途中まで唄ったところで、
『ひとつだけ言っておきたいんですが、「力の限りで飛ぶ紙ヒコーキ」はありません!』
と思いっきりディスりました。お客さんも爆笑!

#13 楽園のリンゴ売り
#14 クルル・カリル


クルル・カリルも長調の3拍子作品。これが2つめ。

#15 神様

そろそろ終わりの時間になって、浩子さんから
『ここ酒心館のSteinwayのピアノは、とてもチャーミングな音がして、いつまでも弾いていたくなります。』
と、このOLDピアノへの愛着が語られました。
確かにちょっと違う雰囲気を醸すピアノだったように、素人ながらも感じられました。

#16 カイの迷宮

いつものように、アンコールの拍手でいっぱいです。

#アンコール 雪虫 Whisper

長調の3拍子は、これが3曲目。これで全部演りました。
この作品は盟友:中島みゆきさんとの共作ですが、これは曲が先に出来ていて、そこに詞をつけて作られたのだそうです。
一層の拍手で、今回もダブルアンコールとなりました。

#ダブルアンコール まもるくん

終わってホールを出る時、ふと例の畳コーナーを見ると、結構な数のお客さんが座っていたみたいです。「次はここに座ろうかな」と来年のコンサートを思いつつ、酒心館を離れて阪神石屋川駅に向かって歩きました。その後、神戸中心部に移動してその日は1泊しました。

翌日はお土産を買って昼過ぎの新幹線で戻ってきましたが、大変充実した弾丸ツアーとなりました。
この次は、1ヶ月後、今年最後の12月26日の大阪のザ・フェニックスホールのコンサートへの参加です。こちらは1年前に参加できなかったリベンジでもあります。その“年末大阪弾丸ツアー”の模様は、また次に。。。


スポンサーサイト
Date: 2016.01.01 Category: 谷山浩子   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)