【本紹介】  『ある高校生華眼師(かげんし)の超凡な日常』 著:色原理音


昨日に続いてご紹介するのは、ビジネス領域から一転、「ライトノベル」です。
中学・高校生向けに書かれた小説のジャンルですね。

最近では作品を発表する手段も多様化してきましたね。
皆さんは『小説家になろう』という小説投稿サイトをご存知ですか? (こちら
以前メディアでも話題になりましたが、既に運営も10年を超える人気サイトです。
今回ご紹介するのは、そこから生まれた作品です。



タイトルは、『ある高校生華眼師(かげんし)の超凡な日常』。
オークラ出版NMG文庫の出版で、2015年2月25日の発売(800円)です。

この作品は筆者:色原理音さんが投稿したWeb作品を小説家デビュー作として書籍化したものです。
この「小説家になろう」というサイトには既に35万を超える作品が登録されているそうですが、書籍化に至ったものはおそらく0.1%もないのではないかと思います。そういう意味でも今後が期待される新進の作家さんです。

聴き慣れない言葉、「華眼師」(かげんし)。
「花の精が見える」という能力を持つ人のことだそうで、こういう不思議さはティーン世代の心をくすぐるでしょうね。そんな不思議な能力を持った高校1年生の男子:水原くんが主人公です。彼が通う高校の園芸部が舞台で、春夏秋冬、そして季節の草花が章立て・副題になっています。彼のそんな能力が高校の日常生活を平凡を超えたものにしていくお話です。

小説なので解説を加えるのも野暮なので簡単な設定紹介に留めますが、こういう不思議能力があってチョット怖い系も入っているお話は、特に女子は世代を超えて好きみたいですよね。表紙のイラストもかわいらしいのですが、この作品は“R15指定”になっていますので、その点は留意くださいね。



ちなみに、色原理音さんはこの続編を「小説家になろう」のサイトで執筆中です。
興味のある方は、続編にも触れてみてくださいね。 (こちら


スポンサーサイト
Date: 2016.01.02 Category: 本の紹介   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)