【本紹介】  『女子と鉄道』 著:酒井順子

前回紹介した鉄道趣味に関する本について、もう1冊紹介しておきたいと思います。

タイトルは、「女子と鉄道」。
光文社の発行で、2009年7月20日に発売されました。
著者の酒井順子さんが2003年に出した「負け犬の遠吠え」というエッセイはベストセラーになったので、皆さんも聴いたことがあるお名前かと思います。この作品で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞を受賞されています。

この本はソフトカバー(左)で出版された後、文庫本(右)も出ています。

 

この本の内容は、まさに「女子鉄」。
この本が書かれた2009年は女子にも鉄道ブームが広まっていました。
一時期は“鉄道アイドル”も多数現れていましたが、最近はモデルの市川紗椰さんのように本格的な趣味人も現れていますね。私も彼女のブログ(こちら)はチェックしていますが、「オシャレ」・「グルメ」と女子の王道を外すことなく、「鉄」も本当に楽しそうに行動されていてとても好感を持っています。 (彼女は筋金入りのガンプラ作成者でもあります。)

話が逸れました。
本書は女子鉄道ファンの先駆者でもある酒井さんが、餘部鉄橋や寝台列車、痴漢問題、そしてSuicaのペンギンなど、男性とは異なる視点で鉄道を綴る女子鉄ならではのエッセイです。
キャッチフレーズは「茶道、華道、鉄道。女子にも乗れる鉄道入門」。
「乗ってみたい」と思っている女子にも優しい趣味の入門書と言ってよいでしょう。
一見、女性向けのようですが、マニアックな面も垣間見れる内容で鉄分の高めの男性が読んでも非常に楽しいエッセイになっていますよ。文庫版なら600円弱です。気軽に読める作品なので、是非手に取って頂ければと思います。

酒井さんの鉄道エッセイは作家:宮脇俊三さん(故人)の影響を色濃く受けています。
私自身も宮脇さんのこの鉄道紀行ものの作品は多数読んできましたので、その宮脇さんの代表作も当コーナーで近日中に取り上げたいと思います。


 


スポンサーサイト
Date: 2016.01.06 Category: 本の紹介   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)