【谷山浩子:今日の1曲】 ・・・番外編!  『谷山浩子ソロライブツアー2016』 @鎌倉歐林洞

2016年のソロライブツアーも後半戦に入りましたね。
昨日:11月12日は鎌倉でのライブ。今年も参加できましたので、そのリポートです。
今年は心温まるエピソードも生まれたので、音楽以外の気持ち良さも味わってきました。

16:20に鎌倉駅に到着しました。
小町通りを抜けていくのですが、土曜なので歩くのも大変な混雑。さすがは観光地ですね。
人をかき分けるように通りを抜け、建長寺方面に15分ほど歩いていったところに会場はあります。古都:鎌倉のライブ会場は洋菓子店:歐林洞の2階にあるギャラリーサロンです。

2016歐林洞①

2016歐林洞② ライブ案内(鎌倉)

とにかく100人程度しか入らない箱ですから、チケットを得るのが大変です。この日も開場前に手製のプラカードで 「チケット、ゆずってください」 と練り歩いている人がいましたね。

この会場は整理番号順の入場なので開場前はお菓子の販売エリアで待機させられますが、多くの方はその間にお土産にパウンドケーキや「パトロン」(いわゆるマロングラッセ)を買っていきます。
17:00の時間通りに開場。整理番号順に2階のサロンへの階段をあがります。今回の整理番号は真ん中から少しあとくらい。部屋に入ると真ん中に通路があって、その両側に木製の丸みを帯びた椅子が並んでいます。真ん中から若干右寄りの位置に座ります。

番号順のせいもあって全員の入場に時間がかかるので、席に着いてアンケートなどの準備もそこそこに開演時間になります。部屋の左手最後方に音響スタッフがいるのですが、背後の窓から部屋への廊下を眺めて開始前に流している音楽の止め時を計っています。

スッと音が止むと、後の方で 「来たっ! 来たっ! 来たっ!」 という女性の声。
その声に振り返ると、昨年私が座った席に座っている女性が大変感激して涙していました。
“初めて見に来た人なのかも”と思いましたが、これが本当に初めてのコンサート参加なら、部屋でのこの近距離、ましてや自分の真後ろを浩子さんが通る訳ですから、それは素晴らしい経験になるよな、と思って見ておりました。
その感涙にむせぶ様子で部屋の中が温かい笑いに包まれたところに浩子さんが登場します。

本日の衣装は「猫森集会2016」に向けて作ったワンピース。今日のは花柄が薄いピンク色。

#1 『穀物の雨が降る』

唄い終わって浩子さんからご挨拶。
『歐林洞で行なうライブも、これで4回目?・・・・5回目になります。』
『この雰囲気の良いお部屋と、鳴りの良いピアノにビビります。』(笑)
『今日は、歐林洞でやることを忘れた選曲をしてしまいました! 「白」やバラードが好きな方には謝ります。』

『鎌倉と言えば!・・・シン・ゴジラの“聖地”。ゴジラが上陸するところです。』
ここでファンから一斉に笑いが起きます。とにかく今年イチオシのネタが「シン・ゴジラ」。打って付けの話題が今回はありました。
『最初に見た時に、この曲が浮かんだので1曲目に選びました。』

『次は“時事ネタ”です。大番狂わせと言われたアメリカの大統領選挙。それに因んで2曲。』
ここまでの流れで一気に盛り上がりました。
『では、“大番狂わせ記念”ということで・・・・』

#2 『ハートのジャックが有罪であることの証拠の歌』
#3 『手品師の心臓』


唄い終わって大統領選挙の感想を語る浩子さんです。
『たぶんね、たぶん私はこうじゃないかなと思うんですけど、トランプさんって元々は泡沫候補(※注)でしょ。何もないところから伸し上がっていくのが、その過程が好きなんだと思うの。伸し上がる為に過激なことを何でもかんでも言ってみたら、人気が出てしまい、トップになってしまい、共和党の代表候補になってしまった。彼はそういう伸し上がり好き、伸し上がる過程が好きなのであって、実はいま大統領になってしまって困っているのではないかと思います。』
 (※注: 泡沫候補=当選する見込みが極めて薄い候補者のことを言います。)
『在日米軍の経費の話とか知らないで言っているだけで、説明されれば「そうなんだ」と聞くようなところもあるみたいだし。彼は元々ビジネスマンですからね。そういうバランス感覚はあると思うので、たぶん変なことにはならないだろうと私は思っています。』
・・・という浩子さんの次期アメリカ大統領に対するお見立てでした。

『今日はリクエストコーナーを2回やります。1回目はジャンケンです。4人の方を選びます。普通に勝ち残りで行きます。』
『「最初はグー」はなしにして・・・・ジャ~ンケン!』
浩子さんは「チョキ」でした。
『それでも最初にグーを出した方が・・・・』
これで結構減りました。(私も落ちました。)
そして、次は浩子さんは「パー」を出しました。 これで更に絞られました。
ここで“4人ルール”が発動されました。
『次は、ジャンケンの勝ち負けに関係なく、4人グループが出来たら、その方が勝ち』
ここで、浩子さんは「グー」です。
すると、「パー」が4人! 元々のジャンケンだったとしても勝者だった4人で決定です。
リクエストを順に尋ねます。1人目だった最前列の方が 「海の時間」 をリクエスト。
『いきなり長いの、ありがとございます!』
・・・・と軽く毒づいてみたりする浩子さんです。

#4 『海の時間』
#5 『朝の扉がひらく時』
#6 『夢の逆流』
#7 『真夜中の太陽』


「真夜中の太陽」をリクエストされた時には
『励ましソングですね。今日不足している成分を足して頂いているみたいで、バランスが良いですね。』

ここで再び「シン・ゴジラ」の話題に。
『国の対応や会議の様子など大変リアルに出来ている感じがしていたのですが、かなり聞いたり取材したようで正確らしいです。本当にリアルだから霞が関の官僚がずいぶん観たらしいです。』
『登場する“尾頭ヒロミ”は、官僚によくいるタイプで、「●●課の▲▲さんに似ている」とか話題になったみたいです。あういう感じの人って、国立大学の附属にもいるタイプなのでよくわかります。』
市川実日子さんの好演で話題になった登場人物ですが、お茶の水女子大学附属高校を卒業した浩子さんならではの言葉ですね。私も似た浩子さんに近い環境だったので、これで伝えたい雰囲気は良くわかりました。

『そういうことで、シン・ゴジラに因んで“鎌倉ならでは”という歌を・・・・これを唄っている時に、「江の島?」と思ったんですよね。』
『シン・ゴジラに捧げる唄です。皆さんも聴きながら「江の島?」を感じてくださいね。』

#8 『旅人』

唄い終わって浩子さんが「江の島?」のところを歌詞を口ずさみながら解説しました。
しかし、うまく伝わらなかったようで、この夜のツイッターで再解説しています。(こちら
(かなり面白いツイートの展開になっています。)

ここで第1部は終了です。ここ鎌倉はここからがお楽しみ。
歐林洞のパウンドケーキと紅茶を喫茶室で頂けます。普段より長い30分の休憩です。
1階に降りる時、浩子さん登場時に大感激していた女性を見ると、実は親子連れで小学生の女の子と一緒に来ていました。

喫茶室に行ってみると、パウンドケーキと紅茶がテーブルに置かれています。そしておもいおもいに好きな席に座っての一服です。パウンドケーキの組合せもいくつかあって、私は今回はこれにしました。
2016年のケーキ&紅茶 (上:キャラメル、下:ラム&レーズン)

ゆったりお茶を頂いていると、コンサートの常連さんが例の親子連れに声を掛けたようで、お話をしている姿も見えました。
ティータイムの30分もあっという間に過ぎ、再開を告げる案内の“鈴の音”が。この音に促されて再び皆さんは2階へ向かいます。サロンというだけに優雅で小粋な演出ですね。

第2部のスタートです。浩子さんが小走りでやってきます。
『最初の3曲は、“あるテーマ”で選んだものです。』

#9 『まもるくん』

確かに、この展開では「白」にはなっていかないと確信を持ちました。
『テーマは、「第3次ブーム」のジョジョです!』
客席は爆笑に。

『マンガが大好きなんですが、神棚に上げてしまった方々を除けば、この漫画家(荒木飛呂彦さん)が一番好きです。』
『マンガが好きなんですが、スピリッツがつまらなくなった頃から読まなくなりました。わかりますよね? あれは30代前半だったかな。』
『ジョジョは現在第6部まできていますが、第1部・第2部は苦行です。劇画みたいな画は、少女マンガを見慣れた人にとっては“汚い画”だし、セリフの文末の言葉に“っ”が何度も出てきたり・・・・(遠慮気味に)“うっとうしい?”』
客席でマンガを知っている人は爆笑しています。
『第3部から面白くなったが、是非、読んでいない方は読んでみてください。』
『マンガの中で“スタンド攻撃”というのがありますが、それっぽい作品があるかと調べたら、このテーマだけでコンサートが出来るくらいありました。(笑) その中から2つ唄います。』

#10 『無限マトリョーシカ』
#11 『第2の夢・骨の駅』


『どんどん画がきれいになってきて、当初からこれほど画が変わったマンガも珍しいと思います。是非、第3部からで良いので、読んでいない方は読んでみてくださいね。』

ここで2回目のリクエストコーナーです。ここもジャンケン。“アイコ残り”での勝負です。
今回は分散した為か4回やったのですが、5人が残る状態になりました。
『リクエストを聞いてみて、短いのなら5曲やりましょう。長いのなら・・・・順番にやりましょう!』
この浩子さんの“決断”が、結果的に大きな感動に繋がります。

順番にリクエストしていきますが、5人目の方が
「一番遠くからここに来た方に譲りますっ!」
見れば、例の大感激していた女性と話していた常連さんが宣言していました。
後方で 「え~っ!」 という声が聞こえます。
「さぁ、どこから来たか言ってください。」
と、あの女性に促します。すると、
「アメリカから来ました。」
今度は部屋中から驚きの 「え~っ!!」 が。
浩子さんも
『まさか、このためだけにわざわざ・・・じゃないですよね?』
と質問すると、
「7年ぶりに帰国して、主人が取って、娘がチケットをプレゼントしてくれたんです。」
部屋中から大拍手!
『何が良いですか?』
「娘に贈るので“花時計”をお願いします。」

ライブの始まりを思い返してみれば・・・・7年ぶりに日本へ帰り(つまり東日本大震災も知らない)、そのタイミングに合わせてコンサートのチケットを家族にプレゼントされた。それがもし初めてのライブだったり、しかも超至近距離を通るとしたら・・・・それは、冒頭の大感激&大涙にもなりますよね。
チケットを取った家族も大変だったハズです。昨年自分が座った席ということは、整理番号はほぼ末尾。予約時に分単位での競争をしたでしょうから。

#12 『雨上がりの天使』
#13 『あかり』
#14 『満月ポトフー』
#15 『窓』
#16 『花時計』


「雨上がりの天使」の冒頭でちょっとしたハプニング。
『イントロ忘れた。。。コードだけ書いてある。』
と言いながら、メロディーを頼りに弾きはじめます。すると・・・・
『あっ!』
弾いていて思い出したようです。
この5曲の演奏は、かなり力が入っていたように感じました。“鳴りの良いピアノ”から豊かな音が流れていきます。特に「花時計」はとても美しい演奏になっていて、例の女性が泣いているのも聞こえていました。

『「花時計」で爽やかな気持ちになったところで、そろそろお別れの時間です。』
『ここでやると「室内楽」っていう感じですよね。モーツァルトとか、こんな感じでやっていた・・・・のかどうかわかりませんが。』
『冬が好きです。大晦日が大好きです。寒い冬が来る喜びと期待を込めて、この曲にしました。』

#17 『カイの迷宮』

大拍手の中、退場する浩子さん。
その際にスタッフを介して、何か女性の小学生の娘さんに何か渡したように見えましたが、どんなやり取りだったのでしょうか。。。
すぐにアンコールで戻ってきました。

『なんか暗~い雰囲気で終わってしまうのも何なので、呼んで頂いて嬉しかったです!』
そこから風邪&マスク話という季節ネタになりましたが、最後に自らオチをつけて
『余計なお世話ですよね。』

#En-1 『銀の記憶』

大拍手の中で退場したものの、1分程度でダブル・アンコールで再登場した浩子さん。
『(マネージャーの)ゆかりんから「45周年大感謝祭の話」って言われました。』
そんな告知をしながら、“お礼のお礼の歌”の話に。
『9/14に新譜を出しました。「ひろコーダー☆栗コーダー」です。その中から選びました。これも“スタンド攻撃”的な要素が含まれているんですよね。』

#En-2 『そっくりハウス』

ソロライブでやるはずのものがないな、と思っていたら、ダブル・アンコールに持ってきていました。「そっくりハウス」は10月の神戸では終わりのサビのパートをしつこくなるくらいにリピートしましたが、今回はリピートは3回でした!

これでライブは終了。
終了となるや、例の女性がリクエスト権を譲った常連さんに感謝を伝えている姿がありました。泣きながら握手を求めている姿は“アメリカ生活が長いんだな”と思わせてくれる光景でもありました。

休憩を入れて2時間半の楽しい“室内楽”。
そして、この親子連れは、いっぱいのお土産を持って、手を繋ぎながら夜の暗い鎌倉の道を駅に向かって帰っていきました。


スポンサーサイト
Date: 2016.11.13 Category: コンサート   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)