【今日は何の日?】 2月24日は 『「大喪の礼」が行なわれた日』

【今日が記念日】
 ・月光仮面登場の日
 ・等伯忌

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

昭和天皇のお葬式にあたる「大喪の礼」が行なわれたのは、1989年(平成元年)のこの日です。
その日の東京は雨模様でしたね。

現在の憲法下になって初めて行なわれた「天皇の葬儀」ですが、「国の宗教的中立」、「国民統合の象徴」、そして「宮家の葬儀」という側面を強く意識しながら行なわれたものになっていました。

現在の日本における「天皇の葬儀」とは、皇室典範:第24条で規定されていて、『国の儀式として行なう“大喪の礼”』と『皇室の儀式として行なう“大喪儀”』に区別されるそうです。
そして、この国の儀式として行われる「大喪の礼」は「特定の宗教による儀式とされない」ことになっています。

“政教分離の原則”に基づくこの区別は以下の形式で切り分けられましたが、これは昭和天皇の葬儀の際に定められたものです。

◆「大喪の礼」
  ①皇居から葬場が設営された新宿御苑までの葬列
  ②葬場における儀式の一部
  ③新宿御苑から墓所が置かれる武蔵陵墓地までの葬列
◆「大喪儀」
  上記と同時に行なう「皇室の私的な儀式」

ですから、この時に初めて「大喪の礼」が行なわれたことになります。
尚、皇室の私的な儀式とされた「大喪儀」は、皇室祭祀の『神道儀礼』に則って行なわれるのだそうです。

実際に行われた当日は「公休日」とされ、「大喪の礼」には世界各国・機関から国家元首を始めとする700人にも及ぶ人々が参列しました。各地で弔旗・半旗が掲揚されたほか、多くの公共施設だけでなく、デパート・映画館なども休業しました。全国のテレビ・ラジオも報道特別番組が終日で編成され、民間企業のCMも自粛されて公共広告機構のCMに差し替えられ、大変静かな1日になった東京でした。

この「大喪の礼」の模様は世界にも中継されました。現在もYouTubeで見ることも出来ます。


スポンサーサイト
Date: 2017.02.24 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)