【今日は何の日?】 2月28日は 『地下鉄が橋の上で転んだ日』

【今日が記念日】
 ・エッセイ記念日
 ・ビスケットの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

鉄橋で竜巻に遭い、走行中の電車が脱線・転覆したのは、1978年(昭和53年)のこの日のことでした。

場所は営団地下鉄(現:東京メトロ)の東西線の葛西-南砂町間にある鉄橋上で、21時34分頃のことでした。被災したのは10両編成の快速電車で、脱線したのは後部の3両、うち2両が反対方面行きの線路上に横転する形で転覆したものです。

下流域で隣り合って流れている荒川と中川の2つの川に架かる「荒川中川橋梁」は、全長は1,236mと関西国際空港への連絡橋の開通までは私鉄では最も長かった鉄道橋です。その構造がトラス構造で線路面が囲われた形状だった為、この事故では河川への落下という最悪の事態は回避されましたが、正面衝突も起きうる大変危険な事故でした。
負傷者が23人で済んだのも、郊外への帰宅者で混雑するのと反対方面だったということも幸いしました。

 【こちらがその現場 〔写真〕 】

営団地下鉄では地上部の区間には各地に風速計を設置しており、現場から800mの地点にも風速計が設置されていました。 しかし、この時は運輸司令所の警報ブザーは鳴らなかったそうです。当時の天候は非常に不安定な気象状況だったこともあり、極めて局所的に起こった竜巻を予見・検知することが出来ませんでした。

事故当時は「アルミ車の事故」と報道されたのですが、それは誤報でした。実際に被災した電車は5000系というステンレス車両でした。 まだまだ鋼製車両が多い時代でもあり、マスコミは「その車重が問題」としましたが、のちの調査により「不可抗力」という結論に落ち着きました。

事故後、転覆した2両は橋の上で復旧作業が困難と言う理由から現地で解体され、川に準備したはしけに降ろして撤去されました。メディアでは、ちょうどこの当時は春日三球・照代の“地下鉄漫才”が大流行していた時期で、「地下鉄の路線にも地上区間や鉄橋があるのだ」ということも話題になりましたね。

尚、この事故では『走行中の列車を竜巻が直撃する確率は50 - 100年に1回』と計算されて不可抗力とされたのですが、その後に起きた類似事故・原因には、特急電車が脱線・転覆した2005年(平成17年)12月25日の「JR羽越本線脱線事故」(北余目駅~砂越駅間で発生)が上げられます。


スポンサーサイト
Date: 2017.02.28 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)