【今日は何の日?】 3月3日は 『てんとう虫がお披露目された日』

【今日が記念日】
 ・ひな祭り
 ・耳の日
 ・三の日
 ・みよた壱満開の日
 ・三輪車の日
 ・ささみの日
 ・春のちらし寿司の日
 ・3x3の日
 ・くるみパンの日
 ・みたらしだんごの日
 ・オーディオブックの日
 ・ジグソーパズルの日
 ・耳かきの日
 ・ビースリーの日
 ・サルサの日
 ・ポリンキーの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

日本初の軽自動車であるスバル360が発表されたのは、1958年(昭和33年)のこの日です。

フォルクスワーゲン・タイプ1のニックネーム:「かぶと虫」になぞらえて、そのコンパクトなデザインから、「てんとう虫」の通称で呼ばれていました。1960年代を象徴するクルマとして愛好者のクラブが出来るなど、現在も後期モデルを中心に自走可能な車も多く、元気に走っているクルマを見かけますね。
このスバル360は富士重工業(現:スバル)が開発したもので、1958年(昭和33年)から1970年(昭和45年)まで12年間に渡って約39万2,000台が生産された量販車です。

この車体には、富士重工業の前進である「中島飛行機」の持つ航空機技術を応用した超軽量構造を採用しただけでなく、必要な居住性を確保するためのアイデアが様々に導入され、大人4人乗車を可能にしながらも高い走行性能も実現しました。1960年代の一般層から廉価と実用性(いわゆるコストパフォーマンス)の点から多くの支持を受け、「日本最初の国民車」と言われています。

そのスバル360が公式発表されたのは、1958年(昭和33年)のこの日の正午、当時は千代田区丸の内にあった富士重工業の本社でした。

当初、スタッフは「実車無し、カタログのみ」で発表を済ませるつもりだったそうです。
しかし、斬新な新型車を期待して集まったメディアから実車を催促され、群馬県の伊勢崎から東京本社へ2台届けられたそうです。
その記事への反響は著しいもので、国内他社からも関心を持たれ、イギリスの老舗自動車雑誌:「オートカー」からも高評価を得るなど、欧米の自動車雑誌にも取り上げられました。日本のモータリゼーションの中で「マイカー」という言葉を誕生・定着させた功労者でもあり、「戦後日本を語る上で欠かすことのできない名車」とも評されます。
ちなみに、販売1号車のお客様は、松下電器産業の創業者、あの松下幸之助さんだったそうです。

残念ながら、スバルは軽自動車の市場では生き残れずに生産を終了してしまいましたが、その反面、普通車の売れ行きが大変好調ですね。いま一番元気な自動車会社と言えるほどの堅調ぶりです。



スポンサーサイト
Date: 2017.03.03 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)