【谷山浩子:Album】  『空飛ぶ日曜日』



アルバム 1985年10月5日発売

「オールナイトニッポン」の担当期間中にはオリジナル・アルバムが4作発売されましたが、これがその最後、通算11枚目のアルバムです。この時期は知名度の向上も手伝って、前作の弾き語りベストアルバム:『眠れない夜のために』からわずか4ヶ月後にリリースされました。

アルバムジャケットは、デビュー20周年のご褒美旅行でヨーロッパにて。
このジャケット写真はご自分で選んだそうで、このアルバムからセルフプロデュースみたいなことも徐々に始められたみたいですね。これはスウェーデンの首都:ストックホルムで撮影されたそうです。

LP盤にもかかわらず破格な14曲入りで、しかも組曲が2つ収録された贅沢な仕立て。浩子さんも『A面を「お姉さんサイド」、B面を「妹サイド」と呼んでいる』(1985/12/23@新宿:厚生年金会館コンサート)というように、漂わせる雰囲気もすこし異なります。

このアルバムには、『ヒット曲はないけれど、それなりに皆さんが知っている曲を書いている』と自負されている浩子さんらしく、“話題になった曲”も収められています。
NHKの『みんなのうた』で流れた「恋するニワトリ」は、当時の幼稚園児や保育園児には大変な人気曲でした。谷山浩子を知らなくても「恋するニワトリ」は知ってるというくらいです。
また、『うさぎ』は、欽ちゃんが二郎さんを引き込んで久しぶりに“コント55号”として作った番組『たみちゃん』に出演していた主役の野咲たみこさんへの提供曲でしたね。彼女のシングル盤Ver.の華やかさとはまた違って、少し歌詞を変えた浩子さんVer.もその世界観が出ていてかわいらしくて切ない歌です。

また、個性的な曲もあり、アジアンな雰囲気が漂う「ほおづきランプともして」は“脳内感染度”が高いメロディです。「少女は・・・」の組曲も、詩人の方の作品の世界観を膨らませる歌になっています。以前のアルバム:『夢半球』のジャケットに映っている女の子は、このアルバム収録曲の「少女は…Ⅰ」のイメージだと後に浩子さん自身が語っておられましたね。

突拍子もないアルバムタイトルに興味がいきますが、この後もこんな感じのアルバムタイトルの付け方をするものが出てきますね。「フィンランドはどこですか」みたいな。。。

ちなみに、このアルバムからCDも同時発売が始まります。
デジタル音源へ変わってきた頃の作品になります。


スポンサーサイト
Date: 2017.07.04 Category: 谷山浩子   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)