【今日は何の日?】 3月31日は 『パリのシンボルの1つが完成した日』

【今日が記念日】
 ・経理の日
 ・体内時計の日
 ・山菜の日
 ・サザンイエローパインの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

現在ではパリを代表するシンボル、エッフェル塔が完成したのは、1889年(明治22年)のこの日のことでした。

フランス革命100周年を記念して1889年にパリで開催される第4回万国博覧会のために建造されるべく、1886年(明治19年)2月にコンペティションが開かれました。
そこで選ばれた作品がこの塔のデザインで、その設計者はソーヴェストルさんとケクランさんのお2人。
ともにエッフェル社の社員だった為、最終的にはエッフェルさんが著作権者となり、塔の名前にもなりました。
その選考理由は、『1889年の万国博覧会用に建てられる塔は決定的な特徴をもち、金属産業の独創的傑作として出現しなければならない。この目的に十分適うのはエッフェル塔のみと思われる』というものだったそうです。

こうして、この塔の建設が始まります。その工期はもちろん『万博に間に合わせる』というもの。
結果的に2年2か月というすばらしい速さで建設は行われ、しかもその期間中に死者も出さなかったそうです。

建設当時の高さは312.3m。塔は錬鉄製で、使用した錬鉄は実に7,300トンにもなります。
1930年(昭和5年)にニューヨークに「クライスラービル」が完成するまでは「世界一高い建造物」でもありました。
しかし、「奇抜な外見」と受け止められた為、その建設当時は賛否両論だったそうです。1887年(明治20年)2月に「建設反対派の芸術家たちが連名で陳情書を提出した」というのは、フランスらしいエピソードですね。

当初の契約により1909年(明治42年)に一度解体しようとしますが、のちに軍事用の無線電波を塔から送信することになり、今は『国防上の重要な建築物』という位置づけになっているそうです。現在は放送用アンテナが設置されたために高さは324mと更に高くなっています。

ちなみに、1991年(平成3年)には、この塔を含むパリの「セーヌ川周辺」は世界遺産に登録されました。




スポンサーサイト
Date: 2017.03.31 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)