【今日は何の日?】 4月2日は 『いまは硬貨になったお札が誕生した日』

【今日が記念日】
 ・CO2削減の日
 ・歯列矯正の日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

いまは500円は硬貨ですが、その前のお札だった時のお話です。
「五百円紙幣」が初めて発行されたのが、1951年(昭和26年)のこの日のことでした。

このお札、すなわち「日本銀行券」ですが、実は2種類ありました。
「B券」と「C券」と呼ばれていますが、どちらもその肖像は「岩倉具視」です。

【B券】1951年(昭和26年)4月2日発行開始
 “透かし”・・・野菊と「500」の文字。但し、確認はしにくい
 “裏面の富士山”・・・山梨県大月市の雁ヶ腹摺山の山頂から撮影された写真が原画

【C券】1969年(昭和44年)11月1日発行開始
 表面の肖像、裏面の富士山、B券と同じものを使っているが、印刷はより精緻に
 “透かし”・・・桜花と波線。透かし部には印刷がされておらず、確認は容易
 “裏面の富士山”・・・同じ原画を使用

1982年(昭和57年)に五百円硬貨が発行されると、お札は徐々に見なくなりましたね。
興味深いことに1985年(昭和60年)までお札の製造は続けられ、1994年(平成6年)まで日本銀行から市中に払い出されていたのだそうです。その為、市中に潜在している紙幣残存数は2007年時点でも約2億2千万枚もあるんだそうで、沖縄ばかりで流通している感じのあの「二千円札」の流通数よりも多いのだそうです。

皆さんも、実はまだ500円札を持っていたりしませんか?


スポンサーサイト
Date: 2017.04.02 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)