【今日は何の日?】 4月9日は 『屋根の下で野球が出来るようになった日』

【今日が記念日】
 ・子宮頸がんを予防する日
 ・鍼灸の日
 ・フォークソングの日
 ・よいPマンの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

世界初のドーム球場。アメリカはテキサス州ヒューストンにある『アストロドーム』が開場したのは、1965年(昭和40年)のこの日になります。

ここはメジャーリーグ(MLB)の地元球団:「ヒューストン・アストロズ」のフランチャイズ・スタジアムとして使用する目的で建設された野球場です。
この街からは「コルトフォーティーファイブス(45s)」がメジャーリーグに参加していました。しかし、このテキサス州南部の高温多雨、そして蚊の大量発生などの問題から『より快適な環境で試合を』という考えのもとで企画されたのが、このドーム球場です。ヒューストンにはNASAの宇宙基地があるのに由来して、この新球場は「アストロドーム」と名付けられ、建設にあわせて「ヒューストン・アストロズ」にチーム名も変更という形でつながっていきます。

この「屋根付き球場」の肝となる「高さ」は、“ベーブ・ルースが打った最も高いフライ”とされる打球を元に、約63.4m(208ft)になったそうです。そして、その屋根には自然光を取り入れられるように「透光性パネル」を使用して天然芝を敷くという仕様にしたそうです。しかし、太陽光が選手の視線を遮る恐れが指摘され、「アクリル製」に変更すると今度は天然芝が枯れるという事態に。そこで、今度は「人工芝」を開発して対処するという紆余曲折もありました。ここにちなんで「アストロターフ」と命名された新開発された人工芝は「世界初の商品」として世界各地で採用されるようになりました。

こうして、アメリカを代表するスポーツ施設として運用されてきたアストロドームも1990年代に入ると老朽化が著しくなります。さらにメジャーリーグでは“野球の原点”である天然芝・屋外型球場への回帰が進んでいく流れ、そしてアストロズの成績低迷を背景に1999年(平成11年)のシーズンを最後に公式戦での使用が打ち切られました。
そして、現在はキリスト教伝道団体によって毎週の礼拝に使用されているのだそうです。


スポンサーサイト
Date: 2017.04.09 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)