【今日は何の日?】 4月19日は 『44年をかけて1つの辞典が出来あがった日』

【今日が記念日】
 ・収育の日
 ・みんなの保育の日
 ・良いクリニックの日
 ・良いきゅうりの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

オックスフォード大学出版局が作成した『オックスフォード英語辞典』が完成したのは、1928年(昭和3年)のこの日になります。

日本では江戸末期の1857年(安政4年)に編纂が始められたこの辞典。
ひとまず「分冊版」の形で、未製本の状態のまま発行が始まったのは1884年(明治17年)のこと。その後も地道な編纂作業は続き、1895年(明治28年)には「合冊版」というものが“非公式”に発行され、ここで初めて「The Oxford English Dictionary」(OED)というタイトルも使用されました。“辞典みたいなもの”になるまでに既に38年もかかっています。

しかし、こんな経過を辿りつつも、完全な辞典になるまでは更に歳月を要します。
「合冊版」の発行から30年以上過ぎた1928年(昭和3年)になって、これまでのものを全10巻に製本し『完全版』という形で発行します。ここでようやく「辞典」なった訳で、実に44年かかって編纂したことになります。
その後、1933年(昭和8年)に増刷された際、ここでようやく全ての冊子の表題がすべてOEDに置き換わりました。

そんな調子ですから、「第2版」が刊行されたのは、その56年後の1989年(平成元年)。
本当に「一世一代」という編纂の世界ですね。


スポンサーサイト
Date: 2017.04.19 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)