【今日は何の日?】 5月2日は 『戦争にも行ったクルーズ船が処女航海に出た日』

【今日が記念日】
 ・八十八夜
 ・新茶の日
 ・Life2.0の日
 ・婚活の日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。
20世紀後半を代表したクルーズ用の客船:「クイーン・エリザベス2(ツー)」が、その処女航海に出発したのは1969年(昭和44年)のこの日のことでした。

クイーン・エリザベス2(QE2)は、北大西洋地域へのジェット旅客機の導入・進展を受けた定期横断航路の乗客の急激な減少の影響で、パナマ運河の通過も考慮して幅が32mと、それまでのクルーズ船よりもスリムで小さいサイズで設計されました。しかし、それでも就役当時には全長:約300m、総トン数:約69,000tは世界最大となっていました。

その名前は、現在の女王:エリザベス2世ではなく、先代の船:「クイーン・エリザベス」の“後継”であることを示していますが、1967年(昭和42年)9月の進水式において、臨席したエリザベス女王が“Second”と言った為に、女王にちなんでいると受取られることも多かったようです。

主に北大西洋の定期横断航路に使用された旅客船ですが、1970年代からは世界一周クルーズを行なうようになり、日本にも1975年(昭和50年)以降に度々寄港しています。その大きさもあって来航する度にニュースになりましたね。
1982年(昭和57年)に勃発したイギリスとアルゼンチンの「フォークランド紛争」では、イギリス海軍に徴用されて輸送艦としても活躍したということもありました。(塗装変更を受けて、真っ白な船体になっていましたね。)
サービス面では「部屋の等級」によって利用できるレストランが異なっており、格付け本などでは複数のレーティングを持つということもありましたが、2008年(平成20年)まで旅客船として活躍しました。

退役後は、アラブ首長国連邦のドバイで海上ホテルに使用するため回航されましたが、その計画は頓挫。2013年1月にはアジア地域で海上ホテルとして活用する案も報じられましたが、現在もドバイに係留されているそうです。




スポンサーサイト
Date: 2017.05.02 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)