【今日は何の日?】 5月11日は 『新幹線が海を超える為に鉄路が消えた日』

【今日が記念日】
 ・朔太郎忌
 ・ご当地キャラの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

JR北海道を走っていた江差線のうち、木古内~江差(42.1km)が北海道新幹線の建設に関連して廃止されたのは、2014年(平成26年)のこの日でした。

廃止に向けた顛末はこんな流れです。

整備新幹線の建設にあたって並行する在来線は廃止する方針が示されていますが、この北海道新幹線も同様でした。
しかし、北海道への貨物輸送は鉄道が重要な役割を果たしており、青函トンネルも貨物輸送継続を前提とした3線軌道で施工された為、貨物線としても五稜郭~木古内間が廃止される可能性は低いと思われたうえ、沿線自治体の反発が予想されていました。
そういう環境の中、2011年(平成23年)10月末、北海道は江差線の五稜郭~木古内を廃止・バス転換する方針を提案します。これに北斗市および函館市が猛反発し、協議の結果、翌年1月に北海道は「第三セクター方式で鉄道を維持する」方針に転換します。(現:道南いさりび鉄道)

この結果を受けて、2012年(平成23年)8月、JR北海道は木古内から先の区間である江差までの間を廃止・バス転換する検討に正式に入り、沿線の江差・上ノ国・木古内の3町との間で住民との連絡協議会を立ち上げると発表します。
翌9月、沿線自治体に対して『2014年(平成26年)度初頭に木古内~江差を廃止したい』旨を説明し、3町は代替輸送確保されれば廃止を受け入れる姿勢であると報じられました。そして、2013年(平成25年)3月28日に「廃止・バス転換」することに沿線3町の首長が正式同意。4月26日、JR北海道が国土交通省に廃止届を提出し、2014年(平成26年)5月12日付で廃止された次第です。
そして、この廃止で、北海道を分けるいくつかの管区のうち、檜山管内では鉄道が無くなりました。

新幹線の開通の度に話題になりますが、環境問題への対応で鉄道貨物輸送が見直されてモーダルシフトの動きが顕著になってきている昨今、それに逆行する形で失われていく鉄路を考える度に「廃止ありき」で考えなくても良いのではないかと改めて思いますが、皆さんはいかがでしょうか。


スポンサーサイト
Date: 2018.05.11 Category: 今日は何の日?   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)