【今日は何の日?】 5月21日は 『新しい東京の空港にアクセス駅が出来た日』

【今日が記念日】
 ・小満
 ・ニキビの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

空港アクセス駅として京成電鉄の「成田空港駅」が開業したのは、1978年(昭和53年)のこの日のことでした。

この駅は新東京国際空港(成田空港)の敷地内にあり、1978年(昭和53年)の3月19日に成田空港旅客ターミナルビルの最寄りのターミナル駅として開業しました。島式ホームを2面持つ地下駅で、ピーク時には1日平均乗降人員が2万人強という大ターミナル駅でした。

1991年(平成3年)に成田空港ターミナルに直接乗り入れる成田空港高速鉄道が開業し、線路を利用する京成電鉄はこの新線を「本線」とします。それに伴い、京成成田~成田空港間を「東成田線」として分離、成田空港駅は「東成田駅」に改称してターミナル駅としての役割は現在の成田空港駅に移りました。

現在の「東成田駅」には、京成線の他に、切替後に開業した芝山鉄道線が乗り入れており、発着に使用されているのは半分の1面2線です。駅施設を継続利用している為、随所に“成田空港駅”時代の面影を残しています。
広いコンコース・エスカレーター・特急ホームの設備は縮小・休止に、そして広告は当時のままだったりしているそうで、まさに“兵どもが夢のあと”。時間が止まったような空間が同居する駅になっているようです。

利用客は空港職員の通勤利用が中心ですが、改札外コンコースから成田空港第2ターミナルへ約500mの地下道があり、早朝出発するLCCの搭乗手続きに間に合うこともあって、空港アクセスとして利用する乗客もいるようです。2013年度の1日平均乗降人員は1,968人で、往時の10分の1。京成線の中で最も利用の少ない駅の部類に入り、今ではすっかり“ローカル駅”となっています。


スポンサーサイト
Date: 2017.05.21 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)