【今日は何の日?】 5月26日は 『丸1日走るレースが始まった日』

【今日が記念日】
 ・風呂カビ予防の日
 ・源泉かけ流し温泉の日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。
世界的に知られる自動車レース:「ル・マン24時間自動車耐久レース」の第1回が開催されたのは、1923年(大正12年)のこの日のことでした。現在は毎年6月に開催されるレースですが、第1回はこの時期に行なわれました。

F1レースの「モナコグランプリ」とアメリカの「インディ500」と並び称される世界3大レースの1つです。また、耐久レースとしての位置づけでもアメリカの「デイトナ24時間レース」やベルギーの「スパ・フランコルシャン24時間レース」とともに「世界3大耐久レース」と言われている歴史の長いレースでもあります。

その開催場所は、フランス中部にあるル・マン市の「サルト・サーキット」。
耐久レースという厳しい環境のレースで1周が14Km近くにも及び、市街地の一般道もコースに組み込む<大規模なレースです。スタート・ゴール地点は競技用の「ブガッティ・サーキット」ですが、一般道も含んだコースのストレートやコーナーには「ユノディエール」・「ミュルサンヌ」・「テルトル・ルージュ」などの名称が付けられています。
そして、24時間の長丁場を乗り切るためにベテラン・若手のドライバーが入り混じり、往年のスターレーサーの走りも見ることができる“お祭り感”が満載のレースです。もちろん観客向けのエンターテイメントも華やかで、“移動遊園地”なんかも出来るそうです。

このサーキットの特徴といえば、何といっても「ユノディエール」という全長6kmの直線コース。
しかし、マシンの進歩により最高速が400km/hを超えるようになった為、1990年(平成2年)に2箇所のシケイン(減速用のコーナー)が設けられました。そのうちの1つは当時「ニッサンシケイン」と呼ばれていましたね。


スポンサーサイト
Date: 2017.05.26 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)