【今日は何の日?】 6月3日は 『火山噴火で大事故が起きた日』

【今日が記念日】
 ・6月3日はMousaの日
 ・ケロミンの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

長崎県の島原半島にある活火山の雲仙普賢岳。
その噴火活動における火砕流で多くの人命が失われた事故が起きたのは、1991年(平成3年)のこの日のことでした。

現在の“平成新山”を作った噴火は、1990年(平成2年)11月17日から始まり、日を追うごとに噴火を拡大していきました。翌年:1991年(平成3年)の5月20日には火口周辺に「溶岩ドーム」が形成され始め、その後、溶岩ドームは自らの重さで4つに崩壊します。その崩壊では、その破片が火山ガスとともに山体を時速100kmものスピードで流れくだる「火砕流」と呼ばれる現象を起こしました。

その中で大きな人的被害が発生したのが、1991年(平成3年)のこの日の火砕流です。
取材に当たっていた報道関係者が16人、タクシー運転手が4人、火山学者ら4人、警戒中の消防団員が12人、警察官が2人、自治体職員が2人、農民が4人の合計43人の死者・行方不明者を出す大惨事につながりました。

多くの死者を生んだ理由は「報道関係者が避難勧告区域に勝手に入り込み取材を続けた」ことでした。
そこでは報道関係者が民家に無断で侵入し、コンセントの電気を無断で使用(平たく言えば“電気泥棒”)していた為、不法侵入を警戒すべく危険区域に再度出た消防団員や警察官が巻き込まれる形となりました。しかも、被害にあった消防団員のほとんどが地元の農家の跡取りだったため、その後の農業復興にも甚大な影響があったそうです。

この火砕流の起こる3ヶ月前、その年の2月中頃に私もこの被災地域を訪ねたので、恐ろしい印象が残った噴火活動でした。


スポンサーサイト
Date: 2017.06.03 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)