【今日は何の日?】 7月10日は 『映画とコンサート情報の専門誌が創刊された日』

【今日が記念日】
 ・日本なまずの日
 ・くにさき七島藺の日
 ・ナオトの日
 ・岡山県牛窓産 冬瓜の日
 ・ドットわん・犬の納豆の日
 ・クリエイトの日
 ・潤滑油の日
 ・ブナピーの日
 ・ウルトラマンの日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

映画やコンサートの情報をまとめた雑誌:『ぴあ』が創刊されたのは、1972年(昭和47年)のこと。
それは当時は中央大学の学生だった矢内廣さんが起業して創刊したものでした。

『ぴあ』というと、やはり「表紙のイラスト」と「記事ページの欄外のコメントの面白さ」が思い出されますよね。
20歳代のサラリーマンやOL、大学生、高校生を購読者層とした誌面づくりで、若者層に支持されていた雑誌でした。当時の雑誌:『ぴあ』は「情報のインデックス」にすることを編集で心掛けていたそうで、その情報量からか使用されているフォントサイズは大変小さいものでしたね。(特に欄外コメントは。)

事業としてはその形態は時代に合わせて変わっていきました。
1984年(昭和59年)には電話注文によるチケット販売:『チケットぴあ』を開始し、映画やコンサートのチケット販売を始め、そして1999年(平成11年)にはチケット販売専用のWebサイト:『チケットぴあ』を開始してデジタル化の流れに乗っていく形にもなりました。

元の雑誌:『ぴあ』は、1984年(昭和59年)頃には発行部数が1号あたり約46万部ありましたが、これらの事業環境の変化に伴い、『ぴあ 首都圏版』が2011年(平成23年)の7月21日発売号を最後に休刊し、雑誌:『ぴあ』の発行はなくなりました。


スポンサーサイト
Date: 2017.07.10 Category: 歳時記   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)