【今日は何の日?】 7月30日は 『昼間の大空で空中衝突が起こった日』

【今日が記念日】
 ・ターザンの日
 ・梅干の日

こんな記念日である本日ですが、今日の話題はこちらです。

岩手県は雫石町の上空で自衛隊機と全日空機が空中衝突した「全日空機雫石衝突事故」は、1971年(昭和46年)のこの日に発生しました。
旅客機と航空自衛隊の戦闘機が飛行中に接触し、共に墜落。機体を損傷した旅客機は空中分解し、乗客:155名と乗員:7名の計162名の全員が亡くなるという日本の航空史上に残る大事故でした。

その日、北海道の千歳空港発の羽田行の全日空58便(ボーイング727)は、機材の遅れにより、午後1時33分に離陸します。その乗客の多くは団体旅行客の静岡県富士市からの一行でした。
58便は函館を過ぎたあたりから高度を28,000ft(約8,500m)に上昇し、宮城県の松島上空を目指して自動操縦で飛行していました。

航空自衛隊のF-86F戦闘機の2機は、編隊飛行訓練のため「有視界飛行方式」による飛行計画で松島基地を午後1時28分頃に離陸しました。
離陸前に教官は訓練生に対して訓練空域は盛岡であることを示し、訓練後は松島飛行場へ向かって自動方向探知機よる着陸訓練を行う予定であることを伝えていました。

そして、午後2時過ぎ、事故が発生します。
当時、「雫石町上空は視界は良好」という環境下で、下層に雲が少しある程度だったそうです。

衝突の3分前。全日空機は、高度:28,000ft(約8,500m)を速度:約902km/hで水平飛行をしていました。

一方の自衛隊機のうち、教官機は高度:約25,500ft(約7,800m)を速度:約824km/hで左旋回中に飛行機の後方に、訓練機とそのすぐ後方に接近している全日空機を確認し、直ちに訓練生に接触を回避するよう指示します。
訓練機は教官の左旋回に追従して旋回していましたが、その最中に教官からの異常事態の通信が入ります。
その直後、右側の至近距離に“大きな物体”を確認し回避動作を実施しましたが、約2秒前(距離約500m)からでは既に手遅れでした。

訓練生機に全日空機が追いつく形で衝突。それは水平尾翼の安定板の左先端付近前縁を引っかけるような形となり、衝突により水平安定板と昇降舵の機能を喪失し操縦不能になってしまいます。
全日空58便は降下しながら飛行したものの、降下姿勢を回復できず、その速度が「音速の壁」を突破したことで約15,000ft(約5000m)付近で空中分解します。「音速の壁」を突破した際の衝撃音は盛岡市内など、墜落地から離れた場所でも確認されたそうです。

当時の全日空機にはボイス・レコーダーは装備されていなかったので、機内でどんなやり取りがあったのかはわかりませんが、真昼の晴れた大空で飛行機が空中衝突するという稀有な事故はこうして起こってしまったのです。


しかし、歴史とは皮肉なもので、実はこの日、別の飛行場でも羽田行きの飛行機が地上で衝突事故を起こしています。
それが「パンアメリカン航空845便離陸衝突事故」です。
ロサンゼルス国際空港発羽田行845便のジャンボ機(ボーイング747)がサンフランシスコ国際空港の離陸時に起こしたものですが、重軽傷者が29人も出ました。これがジャンボ機の初の人身事故と記録されているものです。


スポンサーサイト
Date: 2018.07.30 Category: 今日は何の日?   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)