【ラジオ】 #37 谷山浩子のオールナイトニッポン 1983/11/17

今日の音源は、第85回、1983年(昭和58年)11月17日の放送分です。

まず冒頭から、この前のディレクターの「替え玉演出」に続き、このところずっと「不在」となっていた放送作家の“ポチ”こと寺崎要氏の動向を白状するコーナーが『緊急ティーチイン』として流れます。
タイトルも「帰ってきた寺崎要」。
「この4週間どこにいたのか?」という問いに、「スタジオにいたけど出してもらえなかった」と。
ディレクターの森谷さんの姑息な演出があったことが判明します。

「真夜中のお客様」のコーナーは、ゲストに小室等さんを迎えています。
この頃の小室等さんと言えば、FM東京系で『小室等の音楽夜話』というミュージシャンとの対談番組が月曜~金曜の23:30~23:45で放送されていましたね。
私も好きな方々が出演する時は聴いていましたし、もちろん浩子さんの時も聴きました。
その番組で2人で歌を作ってみようという企画で作られたのが『揺れないものは』です。音源があるのですが、機会があれば編集したいと思います。

小室さんは浩子さんにとってのアイドルだったということで「高校の時はグルーピーをやっていた」という思い出を語っています。また、小室さんも「浩子さんの番組に出るのは初めて」ということで、自分の番組には度々出てもらっているのに、浩子さんの番組にゲストで出ることへの不思議な感慨をお話されています。最初に出会った時に感じた中学生のようなイメージが今もあると言いながら、浩子さんが27歳(当時)と知り、思わず言葉を失う小室さんも面白いです。

いま、小室さんは東京MXテレビで『小室等の新 音楽夜話』というライブ&対談番組を放送していますね。オープニングはまさにFM放送の番組の仕立てと全く同じなので、懐かしいことしきりです。でも、スポンサーが「パイオニア」ではないので、そのあたりの違いはありますが・・・あまりテレビには出ない浩子さんにも、この番組には是非出演してもらいたいところです。

では、アナログ・モノラル放送のAMラジオの時代へ参りましょう。
今回の音源も比較的クリアです。
今回分は以下の青字のタイトルリンクからニコ動の中へ入ってくださいね。
(ウP主さん、ありがとうございます!)

谷山浩子のオールナイトニッポン 1983年11月17日

ちなみに、次週のハガキの宛先は、今回はなぜか設定されませんでした。


スポンサーサイト
Date: 2014.12.18 Category: オールナイトニッポン〔谷山〕   
時計
カテゴリ
乗降者数
プロフィール

FX&鉄(fxrailways)

Author:FX&鉄(fxrailways)
気がつけば転職7回! 「人生への投資」で出費がかさんだうえ、わずかな資産もリーマンショックで大きな痛手。景気回復に期待しつつも『まずはお小遣いの安定確保!』を目標に、わずかな軍資金で2013年9月から再びトレードに参入です。
トレードだけでなく、あちこちの趣味に話が飛んでいきますので、たぶんグダグダなブログになるかも、です。

意外に自宅でも役立ちます。
お探しものなら
株価&為替ボード
経済指標カレンダー
FX経済指標
FX&鉄が使うFX業者
外国為替証拠金取引の外為オンライン FXプライム
これ、便利です。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
おことわり
当サイトは、商品の映像紹介などの利便性を図ることに加え、amazon・Apple・TCS等とリンクすることにより紹介料を得ることも可能な設定がされたプログラムです。(Amazonアソシエイト参加者)